シェアハウス必須【内覧】!確認ポイントを住人目線で解説!失敗しない部屋選び

スポンサーリンク

シェアハウスに内覧は必須!

シェアハウスに内覧なしで決めてないよね??

部屋探しの時、時間がなく写真の雰囲気で部屋を決めてしまうことがある。

普通の賃貸ではそれはありだと思うが、シェアハウスではそれは大変危険な行為だ!

私も過去内覧なしで入居したシェアハウスが本当に劣悪で後悔した苦い経験がある。

シェアハウスに引っ越したいなら、必ず内覧をするようにしよう。

内覧で確認すべきポイント!

ここをチェック!
  • メール、スタッフの対応
  • 住人の雰囲気
  • 重要ポイント・清掃
  • 家具や備品のクオリティ
  • 部屋での騒音のチェック
  • 植栽の手入れ

メール、スタッフの対応

内覧するにあたって最初の一歩、シェアハウス会社への内覧依頼のメールのやり取り、また内覧当日のスタッフの対応、これらのスタッフ対応がしっかりしているか確認。

メールの返信が異常に遅い、スタッフが約束の時間に現れない、案内が適当など、対応に不満があれば再考する必要あり。

シェアハウス会社がいい加減な場合、契約やその後の生活も何かとシェアハウス会社との面倒が起きる可能性がある。

私の経験したシェアハウスでは住み込みのスタッフが内覧当日表れず不信に思った。その後入居したがその管理人は非常にいい加減で住人からクレームの嵐だった。

賃貸物件と違って、シェアハウスは管理会社や住み込みスタッフの影響が大きいので要注意。

シェアハウス会社のスタッフの影響は大きい

住人の雰囲気

シェアハウスの醍醐味、住人との交流。自分と合いそうな住人かどうか、できれば内覧時に知りたいところ。

私が過去内覧に行った物件においては、昼間にラウンジのソファーで女性が半ケツを出しながら、泥酔、寝ているというのに出くわした。それにより入居をやめたこともある。

内覧のお勧め時間は、平日の夜、または土日の昼間だ。一番住人が集まりやすい時間のため、何人かの住人に会うことができるかもしれない。

もちろん、それが住人の全てではないが、ある程度住人の雰囲気を掴むことができる。

内覧の時間は住人が集まる平日夜または土日の昼がお勧め

重要ポイント・清掃

内覧の重要ポイントとしてあげたいのが「清掃」。なぜならこれはHPや写真では判断することができないから。

内覧に行って、共用部の清掃が行き届いていない、トイレやキッチン周りの汚さ、ゴミが散乱しているという状態なら要注意だ。

自分の部屋であれば、自分が掃除すればいい話だが、共用部はそういうわけにはいかない。最初は平気でもボディブローのように効いてくるので、必ずチェック。

小規模物件では「住人が清掃」というパターンがあるが、そういった物件はお勧めしない。住人全員に高い意識があれば問題ないが、住人は入れ替わるもの。一人でもちゃんとやらない住人がいれば一気に不満の原因となる。

小規模であれば最低週2回、大規模物件では最低週4回以上、清掃業者が入らないと清潔さは維持できない。

清掃が住人が行う物件は要注意

家具や備品のクオリティ

大概HPの写真は建築時のものとなるため、とても綺麗。しかしいざ内覧に行くと全然違うこともある。

内覧で、共用部のソファーやキッチングッズ、専有部に備え付けられた家具などの品質を見ておく。

例えば、共用部のソファーがビリビリであれば要注意。他のものも新築時から何も変わっていない可能性がある。ちゃんとしたシェアハウスであれば、定期的に交換したりメンテナンスをしている。

以前住んだシェアハウスでは、ベッドが折りたたみ式の低い品質で、体が九の字に折れ曲がるような品物だった。それにより、毎日不快な思いをすることになった。

家賃によって品質の差があるのは当然だが、いくら安い家賃でも一定のクオリティを下回っていたり、メンテナンスを行っていない物件はお勧めできない。

HPとは違うのはしょうがないが、許せる範囲かどうか

部屋での騒音のチェック

もし入居したい部屋が空いていれば、もちろん確認。その部屋が入居中などで見ることができない場合、近い部屋をできる限り見せてもらう。

専有部の造りを見るのも重要だが、確認しておきたいのは「騒音」の有無電車や幹線道路が近くを通っている物件は要注意。

窓を開けた状態、そして閉めた状態、両方を確認。自分がその部屋で勉強すること、寝ることをイメージして、許せる範囲の騒音か冷静に判断。

電車に関しては、部屋を一瞬のぞいただけでは判断できないので、しばらく待つようにする。

その部屋で寝ることをイメージ

植栽の手入れ

多少細かいところであるが、低層階の部屋しか空いていない場合は、植栽の手入れも重要。植栽がしっかりされていないと、虫がわきやすく夏には大変なことになる場合がある。

私が住んだ最悪物件では部屋が一階で、窓の外が雑草がボーボーになっており、虫やナメクジが窓に張り付きまくるというカオスな状態であった。

また、植栽がきっちりしてあるということは、シェアハウス全体の管理の意識も高いということで信用ができるシェアハウス会社といえる。

低層階に住む場合は、特に植栽に注意

スタッフへの質問事項!

こんな質問が有効!
  • 過去のトラブル事例
  • 男女比率や年齢層
  • ラウンジの利用状況
  • 退去時の精算状況

過去のトラブル事例

住人のことを知りたければ手っ取り早いのがこの質問、過去のトラブル事例を聞く。

トラブルのレベルが分かるし、またその人が退去になったかどうか分かれば、退去の基準も見えてくる。

男女比率や年齢層、職業

これも住人を知る上で重要。男女比率や年齢層が分かれば自分に似た人がどうか見えてくる。

あまりに年齢層が違ったりすると、馴染めない可能性が高くなる。

ラウンジの利用状況

交流が盛んかどうかはこの質問。物件によっては全く人が集まらないラウンジもある。

交流重視の人は必ず聞いておきたい質問。

退去時の精算状況

入居時にはおろそかになりがちだけど、退去時の事情も重要。

どのレベルの破損や汚れで別途費用が請求されるのか確認。

あまりに厳しい目線でチェックされ費用がかかる物件はやめたほうがいい。

=========

まとめ

以上、内覧のポイントを書いてきた。シェアハウスに住むなら必ず内覧を行って、納得のシェアハウスを見つけよう!

シェアハウス住んでみたい人の疑問や不安、メール・電話相談できます!

シェアハウスを検討している人!私にメールや電話でなんでも聞けます。

シェアハウス歴10年、10物件以上の私が、シェアハウスへ引っ越すにあたり疑問・不安を経験に基づいて話します。

条件は、下記のオークハウスのメンバーに無料登録するだけ!

 

 

【5,000円割引!】シェアハウスならオークハウスがお勧め!

シェアハウスに興味がある方は、その運営会社の多さにびっくりするかもしれない。

そこで私がお勧めしたい運営会社はオークハウス!現在もソーシャルレジデンス蒲田という物件に住んでいる。

 

オークハウスのメリットは下記の通り。

ポイント

  • 日本最大の物件数!
  • 各エリアに小規模から大規模まで様々な物件がある
  • 割引制度、イベント企画、入居者ができる仕事など様々な制度、活動がある

 

下記フォームからの登録で、入居時に5,000円の割引を受けることができる!

登録無料で、時間は2分とかからない。シェアハウスに興味ある方はまずは登録!

 

 

合わせて読みたい

シェアハウスのノウハウ&実際の入居歴はこちら

シェアハウスに住みたい人必見!ノウハウ&物件体験一覧!【総まとめ】

2019.01.04

オークハウスの色んな割引制度はこちらの記事

シェアハウス・オークハウスのユニークな割引制度をまとめて紹介!

2018.03.08

 

スポンサーリンク