中国語は簡単?日本人にとって取り組みやすい語学である理由を説明!

スポンサーリンク

中国は簡単?難しい?

中国語を知らない人に中国語を勉強していると言うと、「発音が沢山ある」「漢字ばかりで」「音の上げ下げ意味かわるの大変」など、「中国語=難しそう」のイメージがかなり強い様子。

でも、実は中国語は日本人にとってむちゃくちゃ簡単!!な語学。

あるデータによると、日本語話者にとって英語よりも中国語は簡単な部類。最も簡単な部類が韓国語・インドネシア語だが、私は中国もその部類と思っている。

私が実際に勉強して感じた中国語が簡単だと思ったポイントを書いていく。

 

ポイント
  • 漢字を知っている最大のアドバンテージ
  • 読み方がほぼ一つ
  • 文法は英語に日本語的要素が加わる
  • 助詞や動詞の変化などがなくシンプル
  • 表現が日本語の感覚と同じ
  • 音の聞き取りが容易
  • 単語の造りが合理的

 

漢字を知っているという最大のアドバンテージ

中国語の常用漢字は4,000弱ある。それだけ聞くと大変!と思うかもしれない。

しかし、日本語と同じ漢字が1,000以上あり、さらに似ている漢字は個人的感覚だが、8割くらいに達する。

これがどんなに大きなアドバンテージか分かって欲しい。富士山をバスで上がって、5合目から始めるようなもの。

考えてみれば日本人が高校まで少なくとも12年は漢字を勉強しているが、外国人はそれを0から勉強するのは、どんなに大変か。

愛人=恋人、手紙=トイレットペーパー等、同じ漢字でも意味が違うと取り上げられることがあるが、それは稀なこと。基本同じで例外を覚えれば問題ない。

 

漢字勉強してて良かった!

 

読み方がほぼ一つ

中国語が簡単に感じる理由、それは「漢字の読み方がほぼ一つ」なこと。

日本語は音読み・訓読みはもちろん、重箱読み・湯桶読み、オリジナルな読みなど、これでもかと意地悪な読み方がが存在するが、中国語はほぼそれがない。体感だと95%は一つの読み方。

つまり一つ、その漢字の音を覚えれば、ずっと使いまわせるのである。日本語のように、毎回確認する必要がない。楽!!

確かに中国語の発音自体は多いのだが、一つの漢字付された発音はほぼ一つなので、一度発音を覚えれば、聞いたことのない音が出てくることは100%ない。

 

日本語と比べると、労力は最小限

 

基本英語の文法に日本語的要素が加わる

文法も英語を多少知っている日本人であれば難しさはない。

中国語の文法はSVO(主語+動詞+目的語)など基本英語の文法と同じである。

我 去 图书馆  = I go to a library

そこに時間などの場所や関係代名詞など日本語的な要素が入る。他にもいろいろ。

昨天 去过 图书馆  = I went to a library yesterday

我 去过 地方 = the place where I went  = 私が行った場所

 

日本語と英語を知っている日本人にとっては、すっと入ってくるはず。

 

中国語を聞くなら、台湾人がたくさん配信している、無料アプリ17ライブがお勧め!

 

助詞がない、動詞の変化がない等シンプル

外国人とって非常に難しいと言われる「て、に、を、は」などの助詞がない「の」に該当する「的」くらい。

また、例えば日本語の「遊ぶ、遊ばない、遊べ」や英語の「play, played」といった動詞の変化もない。

言うならば、「我昨天去过图书馆(俺!昨日!行く!過去!図書館!)」というような表現となるので、非常にわかりやすい。

 

表現が日本語の感覚と同じ

日本語は中国語の影響を受けた言語だけあって直訳がぴたっとくることが多い。

例えば「頑張って!!」というのを英語にすると、「take it easy」とか「cheer up!」とか出てくるけど、今いちぴたっと来ない。そもそも英語に同じ表現がない。

ところが、中国語であれば「加油!」というが、完全に「頑張って!」の意味である。

このように日本語から中国語に訳するとき、そのまま訳せるのが中国語。似た感覚の言語なのだ。

 

日本語と中国語のルーツは同じ

 

音の聞き取りが容易

英語の聞き取りは日本人にとって非常に難しい。その理由の一つが「リンキング」

例えば英語で「I go to a library」と言う場合、彼らは「アイ・ゴー・トゥ・ア・ライブラリー」とは言わない。「アイゴータァライブラリー」みたいに言葉をくっつけて間隔を埋めてくる。

日本人にとって難しく感じるのは、日本語が、1音1音はっきり言う発音の言語で、くっつけた言い方をしないから、繋げた言葉を捕まえづらい。

その点、中国語は、日本語と同じで、1音1音はっきり言う言語。そのため、日本人にとって音をキャッチしやすい。

逆に話すときも、漢字を一つ一つはっきり言えば、きちんと伝わる。英語のように音が崩れない。

 

英語の聞き取りより確実に楽

 

単語の造りが合理的

最後に中国語は非常に合理的な言語。文字が漢字だけのため、限られた漢字で全てを表現する。

一方日本語は、漢字・ひらがな・カタカナがあることによって様々な表現をしてくる。

例えば、convenience storeを日本語で言うと、コンビニエンスストア。それを更に発展させてコンビニと呼んでいる。これは一つの単語として覚えるしかない。

一方、中国語ではconvenience storeを「便利店」という。便利な店だから便利店、単純明快!

このように漢字を知っている我々は、知らない単語も見て分かることが多いし、逆に中国語で説明するとき、自分で漢字を組み合わせて話すと伝わることが多い。

 

中国語は合理的な言葉、勉強する方は助かる

 

難しいポイントもある

ここまで、いかに中国語が日本人にとって取り組みやすい語学か伝えてきたけど、確かに難しいポイントもある。

私が一番難しいと感じるのが、「四声」と呼ばれる音の調子だ。一つの音でも、平たん・上げたり・下げたりで意味が変わる。

これは日本語にはない特徴で、日本語は猫を「こ」と言っても「ね」と言っても、多少違和感あっても「方言なのかな?」位の感覚で通じる。

しかし、中国語だと決定的に意味が変わるので注意。例えば「イ=売る」「マ=買う」で逆になってしまう。

普段日本語だと聞き流すポイントなので、この「四声」をなかなか聞き分けられない。そして覚えるときも、なかなか暗記することができない。

とはいえ、圧倒的に英語よりも簡単だし、中国語を話す相手はほぼ中国語が母国語の人たちなので、ある程度でも、彼らは分かってくれる。だから恐れることはない。

===========

 

まとめ

以前、私はタイ語を勉強しようとしたが、オリジナルな文字はもちろん、文法から発音、表現など全てにおいて違っており、いかに外国語が難しいかというのを感じた。

その点、日本人が最も日本語の知識を活かせるのが中国語。一度勉強してみてはいかが??

 

 

(紹介)中国語をたくさん聞くなら配信アプリ「17ライブ」がお勧め!

中国語に関心があるなら、中国語を好きなだけ聞ける配信アプリ17ライブがお勧め!

実は台湾発の配信アプリで、多くの台湾人が配信をしている。実は私も。

アプリをダウンロードするだけで、好きなだけ生の中国語を聞くことができる。もちろん無料

私も最初は中国語を聞くために台湾のラジオを聞いていたが、17ライブのほうがより現地の言葉を聞くことができる。

 

17 Live(イチナナ) - ライブ配信 アプリ

17 Live(イチナナ) – ライブ配信 アプリ
開発元:17 MEDIA (H.K.) LIMITED
無料
posted withアプリーチ
イチナナ

 

(紹介)日本語字幕で台湾ドラマを見るならdTV、U-NEXTがお勧め!

パイレーツオブカリビアン

いつ消されるか分からないYouTubeよりも、高画質・日本語字幕で台湾ドラマを見るなら、dTV、U-NEXTがお勧め!

いずれも定額・見放題31日間無料でそこでの解約も可能なので安心だ!気になったらまずは無料視聴!

dTVU-NEXT
月額(税抜き)500円1,990円
無料期間31日間無料31日間無料
台湾ドラマ933
全配信数12万14万
その他Androidダウンロード可3アカウント追加可能
その他圧倒的な安さ1,200P毎月付与

dTVの公式ページはこちら 

U-NEXTの公式ページはこちら 

U-NEXT

 

(紹介)私が中国語勉強で使った参考書一覧!

現在HSK5級(最上位は6級)レベルの私だが、これまでに中国語勉強で役に立った参考書を上げていく。

どれを買っていいか分からないという方は、こちらで間違いなし!

 

「ゼロからスタート中国語単語BASIC1400」。

何はともあれ単語力がないと何も分からないので、こちらで単語力をつけていこう

発音や、ピンインの読み方、初級の文法も掲載されているので、取り急ぎこれがあればトータルの力がつく。

ゼロからスタート中国語単語basic 1400 だれにでも覚えられるゼッタイ基礎ボキャブラリー [ 王丹 ]

created by Rinker
¥1,728 (2019/07/17 08:04:42時点 楽天市場調べ-詳細)

 

そしてスーパーお勧めしたい文法書が「基礎から発展まで よくわかる中国語文法」

これは隠れた名著でランキングで上位に入っていない。しかし、これまで見たどの文法書よりも、全てが網羅されており、理屈が説明され、中国語文法が体系的に理解できる。中途半端な文法書をやるよりも、こちらを1冊しっかり勉強するほうが、その後の理解度のスピードが変わる。とにかくお勧め。

よくわかる中国語文法 基礎から発展まで [ 丸尾誠 ]

created by Rinker
¥2,052 (2019/07/17 08:04:42時点 楽天市場調べ-詳細)

 

中級以上 or HSK5級・6級を目指す人に絶対お勧めした単語参考書が、「品詞別・例文で覚えるHSK基本語彙 5級―6級」

HSK6級(最上位)までに必要な全ての単語を網羅をしているので、余計な寄り道することなく間違いない知識が入る。全てに例文があるので、文での使われ方、それに関連する単語も知ることができる。

【送料無料】 品詞別・例文で覚えるHSK基本語彙 5級‐6級 / 郭春貴 【本】

created by Rinker
¥4,104 (2019/07/17 08:05:51時点 楽天市場調べ-詳細)

 

HSK6級(最上位)を目指す人、中級以上の勉強したい方は、「本気で学ぶ上級中国語」がお勧め。現在私はこれをやっている。文章が多くあるので、多くの中国語に触れることができる。

本気で学ぶ上級中国語 中国語の総合力をアップさせる上級者のための本格的な [ 趙玲華 ]

created by Rinker
¥3,564 (2019/07/17 08:56:35時点 楽天市場調べ-詳細)

 

HSKのテストを受けるなら、公式過去問は絶対やるべき。しかし、4級(6級が一番難しい)レベルであれば、日本人は勉強しなくても受かるレベルなので、過去問は不要。むしろ4級までのHSKは受ける必要はない是非5級から目指すようにしよう。

中国語検定HSK公式過去問集5級(2018年度版) [ 孔子学院 ]

created by Rinker
¥3,542 (2019/07/17 13:09:32時点 楽天市場調べ-詳細)

中国語検定HSK公式過去問集6級(2018年度版) [ 孔子学院 ]

created by Rinker
¥3,758 (2019/07/17 13:15:16時点 楽天市場調べ-詳細)

 

スポンサーリンク