ウーバーイーツが提携しているレンタル自転車・バイク会社を徹底比較&お勧め!

スポンサーリンク

Uber Eatsで配達パートナー!副業としてお勧め

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eatsでの配達パートナーは大変勝手のよい副業になる。

私も配達パートナーになって1年が経ったが、今後も続けていく。

Uber Eats 対応エリア

(関東エリア)

  • 東京  23区
  • 横浜市 中心部
  • 川崎市 中心部
  • さいたま市 中心部
  • 埼玉県 戸田市・蕨市 中心部
  • 千葉県   市川市・船橋市 中心部

(関西エリア)

  • 大阪市 24区
  • 神戸市 中心部
  • 兵庫県 芦屋市・西宮市の中心部
  • 京都市 中心部

(その他エリア)

  • 名古屋市 中心部
  • 福岡市 中心部

Uber Eatsをレンタル自転車で対応する

UberEatsで配達パートナーをやりたい人で、悩むのがバイクで行くのか、自転車でいくのか

そして、車両はどう確保するかというところ。

もちろん元々自転車を持っているということであれば、それを使えばいいが、無いのならわざわざ買うなら、ちょっと待った!

レンタルという手段は非常にお勧め。そして私もレンタル自転車を利用している。

そこで、ウーバーイーツが提携しているレンタル会社4社を比較してみた!

レンタル会社を表でまとめてみた

ポイントは、費用はもちろん、レンタルできる地域や保険など、意外に会社によって違うので、費用だけで決めず、自分にあったレンタル会社を選ぼう。

私が選んだ”ヤマハYPJ”が素晴らしい

私はウーバーイーツが提携している4社5サービスのなかから、ヤマハYPJをチョイス!

これが本当に素晴らしかった。

自転車のカッコよさ

まずとにかくカッコいい。ウーバーイーツは一目につく仕事なのでダサい自転車は避けたいところ。このYPJは乗っているだけでも気分が良くなり、仕事へのテンションも上がる。

高機能

電動アシストは3段階に分かれ、これを調整しながら対応すれば1日バッテリーは持つ。また電動アシストを利用しなくても、普通にスピードがでるほど高機能。日本一周もできる勢いだ。

メンテナンス対応が早い・保険も付与

一度電動アシストの調子が悪くなったが、相談したところ数日後には車両ごと交換をしてくれた。それらの対応がなんと無料だった。また保険もカバーされており対人・対物で2億円まで補償される。

最初に3ヶ月で申し込めば、入庫、引き取り無料

本来5,400円以上かかる入庫・引き取りも3ヶ月分先に申し込めば無料。またライトや予備バッテリーなども付けてくれて、余計な費用がかからない。

公式ページ

申し込みページ

各社の特徴

①ドコモバイクシェア

ドコモがやっているレンタル自転車。こちらの特徴はなんといってもシェア自転車というところ。

家に駐輪場がないとか、職場からの仕事帰りとか思い立ったときに利用できるのが強み。

  • シェアなので管理不要
  • 都内約350ポート、約4,500台の電動自転車が利用可能
  • 価格が4,000円/月と安い
  • 保険が対物・対人、そして他社にはない自身へも保険がカバーされている。

(デメリット)

  • 人気ポートでは自転車が確保できない可能性あり
  • 都内中心部だけでの対応

<利用できる車種>

ドコモオリジナル自転車

登録方法

「コミュニティサイクル」に登録

⇒Uber Eats 配達パートナー限定プランへの変更依頼のメールを送る。

公式ページ

申し込みページ

②COGICOGIリース

こちらは観光客向けに、短期レンタルを行っている会社だが、Uber Eats提携による保有する形式のレンタルプランが展開されている。

しかし、HP上からは詳細が分からず、現状はあまりお勧めできるサービスと思えない。

  • 保険はあるようだが、詳細不明。規約を見ても利用者の責任をしきりにうたっており怖い。
  • 保有する形式で、4,000円/月は安い。
  • エリアは都内中心部に限定

<利用できる車種>

ヤマハCity-X(12万)

登録方法

アプリ「COGICOGI SMART!」をダウンロード

⇒招待コード欄に「ubereats」と入力⇒送られてくる申込フォームに入力

公式ページ

アプリダウンロード

ヤマハYPJ

こちらは私が利用しているサービスで、一番のお勧め。

ヤハマの高機能 電動自転車を1万円/月で借りることができる。

実質、後述する帝都産業が運営しており、保険・メンテナンスもばっちり。

  • とにかく自転車が高性能、まさにウーバーイーツのための自転車
  • 対物・対人の保険で、2億円までカバー
  • 故障などのメンテナンス対応も迅速
  • レンタルエリアが広く、東京以外も利用可能

<利用できる車種>

ヤマハYPJ-R (24万円)、ヤマハYPJ-C (20万円)

 登録方法

専用申し込みフォームから申し込み

公式ページ

申し込みページ

帝都産業(自転車)

前述したヤマハYPJのレンタルも行っている帝都産業、保険・メンテナンスもばっちり。

  • 車種が多く、1万円/月で選ぶことができる。
  • 対物・対人の保険で、2億円までカバー
  • 故障などのメンテナンス対応も迅速
  • レンタルエリアが広く、東京以外も利用可能
  • バッグやパーツなどオプションも多い。

<利用できる車種>

ヤマハPAS GEAR-U他(17万円)

 登録方法

専用申し込みフォームから申し込み

公式ページ

申し込みページ

帝都産業(バイク)

唯一バイク対応しているのも帝都産業。

費用は自転車より高くつくものの、長時間対応やどうしても体力に自信がないという方にはお勧め。

  • 車種が多く、1.6万円/月~選ぶことができる。
  • 対物・対人の保険で、2億円までカバー
  • 故障などのメンテナンス対応も迅速
  • レンタルエリアが広く、東京以外も利用可能
  • バッグやパーツなどオプションも多い。

<利用できる車種>

ギア・バーキングスタンド他(24万円)

 登録方法

専用申し込みフォームから申し込み

公式ページ

申し込みページ

Uber Eatsドライバーを考えている人、メール・電話相談できます!

Uber Eatsドライバーについて私にメール・電話でなんでも聞けます。

ウーバーイーツ歴1年以上の私が、Uber Eatsドライバーの疑問・不安を経験に基づいて話します。

条件は、下記のUberEatsドライバーに無料登録するだけ!

【紹介】Uber Eatsのドライバーをやるなら こちら!

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eatsは副業として、またメインの仕事にもなりうる働き方!運動もできて一石二鳥。

配達ドライバーに関心があるなら、取り急ぎ登録をしてみよう。

UberEatsで注文してみるなら

配達パートナーを始める前に、まずはUber Eatsを注文者として利用してみたい方は、こちらから!

紹介コード:eats-b3bn3d

Uber Eatsの注文アプリはこちら

スポンサーリンク