俺でも出来た!CREAL(クリアル)で不動産投資!クラファンの運用実績を大公開!

スポンサーリンク

CREAL(クリアル)で資産運用を始めたので、その報告です。

CREAL(クリアル)とは?

CREAL

CREAL(クリアル)は、クラウドファンディングによる新しい投資の形。

自分が投資したいと思うファンドに、なんと1万円から出資でき、運用による収益が分配される仕組み。

FXや株のようなハイリスクな投資は怖いけど、、、、という方にうってつけで、株や為替の市場に影響されないずミドルリスクミドルリターンが狙える。

ファンドから不動産に投資することから、クラウドファンディングの中でも不動産投資型クラウドファンディングと言われる。

私が他に投資している4社のクラウドファンディングと比較していく。

クラウドファンド4社まとめ!

 FANTAS
funding
LENDEXOwners
Book
CREAL
最低投資額1万円数万円1万円1万円
利回り8%~7%~9%4%~5%4%~
運用資産300億
ファンド数30前後50以上140以上12前後
運用方法不動産融資不動産不動産
運用期間4ヶ月~1年以内13ヶ月~4ヶ月~
分配満期一括毎月分配年4回毎月分配
途中解約条件付き可解約不可条件付き可
特徴高利回り不動産担保情報交換物件情報

1.FANTAS funding

2.LENDEX

3.OwnersBook

4.CREAL

私のクラファン投資結果まとめ!

CREAL(クリアル) 運用開始!

1万円を入金して、運用開始!

私が投資したファンドはこちら、物件情報が詳細なので安心感がある。

ポートフォリオは下記のようになった。

今後が楽しみ。

CREAL(クリアル)の特徴

CREALの特徴!
  • 1万円から投資ができる
  • 安定の利回り!
  • 透明性の高い日本の不動産向けファンド
  • その他のポイント!

1万円から投資ができる

クラウドファンディングの最大のメリットは、1万円という少額から投資できることだ。

昔はお金持ちだけしかできなかった投資が、ファンドになることにより誰でも投資できるようになった。

安定の利回り!

CREALは不動産投資型クラファンにおいては、利回り4%と一般的なものとなる。

しかし、FXや株よりもリスクが低く、外貨預金や社債よりも高い利回りが期待できる。

透明性の高い日本の不動産向けファンド

海外への投資の場合なかなかイメージがしづらくファンドへお任せ状態になりがち。

クリアルは、日本の不動産、物件名まで開示されており、目に見える投資のため透明性が高い。

その他ポイント!

投資期間が短い:4ヶ月の運用から始められる。1年以上も普通のファンドの中で短いファンドがあるのはありがたい。

②途中解約可:やむを得ない事情・条件で途中解約可

③毎月配当:運用期間後に満額一括配当ではなく、毎月配当がされる。これは嬉しい。

まとめ

ファンドを使った投資、クラウドファンディングで楽しみながら投資しよう!

スポンサーリンク