2018年行政書士試験 結果発表!2点差で不合格という最悪の結末に泣いた。

スポンサーリンク

2018年行政書士試験結果

2017年行政書士試験 結果発表!さくら散る!?反省と今年に向けて

2018.02.28

正直これを書くのはとても辛いが、書かねば前に進めないので恥を忍んで書く。

結論としては、不合格だった。。。。。

しかしその点数が合格点180点に対し、なんと178点!!!!!

あと1問、あと一言正しければ合格だったという、合格するよりも難しい離れ業をやってしまったのだった。

こんなことあるのだろうか。つくづく私は運からも見放されているんだと思わざるを得ない。あれを選んでおけば、あれを書いておけばの連続。

とはいうものの、この結果を受け入れるしかないんだと言い聞かせる今日この頃です。

結果概要

問題60題 満点300

合格点180 (60%の正答率)

<結果>

178点 (59%) あぁ。。。

<内訳>

5択選択 108点/160点(67%)💮

多肢選択 22点/24点(91%)💮

記述   24点/60点(40%)△

一般知識 24点/56点(42%)△

それぞれの科目を分析

5択選択 

108点/160点(67%)

目標とする7割に及ばなかったものの、勉強の成果がでて期待通りの結果だった。

憲法・基礎法学

3問/7問(42%)

敗因の一つ。ここを5割を超えることができなかった。冷静になれば分かる問題もあった。

しょっぱなの問題で焦っていたのかもしれない。

行政法

16問/19問(84%)

メインとなる行政法で会心の出来栄え。模試でもこの高得点はでなかった、素晴らしい。

民法

6問/9問(66%)

難しいと言われる民法。ここをなんとか6割越えで乗り越えた。これは次第点といえる。

商法

2問/5問(40%)

難しいと言われる商法、2問でも悪くないが、もう1問取りたかった。。。。

多肢選択

22点/24点(91%)

3問あり憲法1題、行政法2題で、計12問の選択問題だが、ここで12問中11問正解という会心の出来となった。

模試でも出なかった最高の出来栄え。なのに。。。

記述

24点/60点(40%)

記述は3問あり、行政法1問、民法2問で各20点の配点となる。

2問は書けたかなと思えるので恐らく10点・10点・4点の得点と思われる。ここで半分の30点が取れないと相当に厳しくなる。

あと一言、あと一言、正しいことを書けていれば。。。。

一般知識

24点/56点(42%)

敗因の一つ、足切りギリギリの24点となってしまったこと。

ここでせめてもう1問取れていれば楽になっていた。見返してみると消去法で正解に辿り着く問題もあった。

あまりに分からない問題で、冷静さを失っていたのかもしれない。

2019年行政書士試験に向けて対策と抱負

今回2点差で落ちたことで、モチベーションとしては相当厳しいものがあるが、ここで終わるわけにはいかない。

一つ言えることは私の学力は限りなく合格に近いものだったということ。あと1問、あと一言足りなかった。これが現実。

今回の結果を受けて下記の対策を行う。

目標212点/300点(70%)

一定の学力はついているので、その学力をキープしつつ今回時間をかけられなかった憲法・基礎法学、商法に力を入れる。そして記述対策としてアウトプットを繰り返すこと一般知識も普段からニュースを意識しておくこと。

しかしながら、記述と一般知識については最悪のケースがあり得るので、5択問題と多肢問題でカバーできる力を身に着けるのが、非常に重要と考える。

5択選択 

108点/160点(67%)⇒124点(77%)

憲法・基礎法学

3問/7問(42%)⇒5問

行政法

16問/19問(84%)⇒16問

民法

6問/9問(66%)⇒7問

商法

2問/5問(40%)⇒3問

多肢選択

22点/24点(91%)⇒20点(83%)

記述

24点/60点(40%)⇒36点(60%)

一般知識

24点/56点(42%)⇒32点(57%)

(紹介)行政書士試験は市販の参考書で合格できる!

落ちておいてなんだが、2018年試験において合格点180点ー2点の178点までいったものとして言えること。

それは行政書士試験は資格学校や通信教育が必要ないレベルの試験であること。

本屋で売っている参考書で充分に対応できる。私の勉強方法は写真にある参考書を繰り返し取り組んだだけである。

本屋に行って自分に合う参考書を見つけるのが一番いいが、分からないという方はこちらの参考書を揃えればOK。

私がやった勉強方法を紹介する。

まず参考書と基本問題集、いろいろ見た結果、内容・読みやすさから「合格革命」シリーズがベストと言える。

コツとしては参考書ばかりやるのではなく、参考書をさっくり読んだら、基本問題集をやりながら参考書に立ち返るのが一番頭に入りやすい。そしてそれを繰り返す。参考書ばかりやっても結局試験にでるポイントは分からない。

2019年度版 合格革命 行政書士 基本テキスト [ 行政書士試験研究会 ]

created by Rinker
¥3,240 (2019/04/25 21:07:38時点 楽天市場調べ-詳細)

2019年度版 合格革命 行政書士 基本問題集 [ 行政書士試験研究会 ]

created by Rinker
¥2,808 (2019/04/25 21:07:38時点 楽天市場調べ-詳細)

ある程度、参考書・基本問題集をある程度できてきたら、この「肢別過去問題集」及び「40字記述式・多肢選択肢問題集」を繰り返しやるべし。

問題集は「基本問題集」だけでは足りず、肢別過去問題集をやることによって、ほぼ全てのポイントを押さえることができる。それまで勘違いやごっちゃになっていたポイントが一気に整理され、参考書の中身もぐっと頭に入るだろう。

「40字記述式・多肢選択肢問題集」は対策がしずらい記述の問題を解くことができ、また多肢選択対策となる穴あき問題を多数こなすことができる。私はこれで多肢問題12問中11問正解した。

2019年度版 合格革命 行政書士 肢別過去問集 [ 行政書士試験研究会 ]

created by Rinker
¥4,104 (2019/04/26 00:12:37時点 楽天市場調べ-詳細)

2019年度版 合格革命 行政書士 40字記述式・多肢選択式問題集 [ 行政書士試験研究会 ]

created by Rinker
¥1,620 (2019/04/26 00:12:37時点 楽天市場調べ-詳細)

最後に模試だが、学校に通わない選択をした場合、3回分では足りない。そこで合格革命の模試+実績のあるLECの模試でもう3回分、計6回分をこなしたい。

やり方は直前に6回やるのではなく、3回を学力チェックとして節目節目に解き、残り3回を直前期に本番と同じようにやること。実は私は計4回しかできず、ここが合否の分かれ目となったと感じている。

合格革命行政書士法改正と直前予想模試 2018年度版[本/雑誌] / 行政書士試験研究会/編著

created by Rinker
¥1,728 (2019/04/26 00:12:37時点 楽天市場調べ-詳細)

【新品】【本】出る順行政書士直前予想模試 2018年度版 東京リーガルマインドLEC総合研究所行政書士試験部/編著

created by Rinker
¥1,620 (2019/04/26 17:52:27時点 楽天市場調べ-詳細)

最後に勉強時間の目安は、資格浪人のようにしっかりと時間と取れる人は3ヵ月定時で帰れる仕事の人は半年忙しい人は1年とみればいいだろう。

2019年こそ必ず合格!!

*2019年教科書に買い替えた!!

スポンサーリンク