驚きの事実!遺伝子検査【ジーンライフ】を体験!体質から寿命まで結果公開!

スポンサーリンク

*2019/3/20 更新!

遺伝子検査【ジーンライフ】を受けたので、概要と結果を大胆に公開します。

遺伝子検査を知っているか?

遺伝子検査で聞くと怖いよね??

私も遺伝子検査って聞くと、たいそれた検査だと思っていた。しかしそれは全くの勘違いだった!

遺伝子検査とは、遺伝子の持つ情報を解析することで、生まれ持った病気のなりやすさや体質などを知ることができる検査。

遺伝子は歳を取っても変わるものではなく、体調に関わらず検査可能!

若者なら得意分野を知る指針に、大人なら病気の対策など、どの年代においても役に立つ情報なること間違いないのである。

ジーンライフ【Genesis2.0】をやってみた!

ジーンライフの遺伝子検査キット【Genesis2.0】は、生活習慣病等の病気リスクから、ダイエットに係る体質、さらには自分の祖先のルーツまで分かる遺伝子検査の決定版

なんと360項目にわたる情報が簡単に手に入れることができる。遺伝子検査において国内シェア70%と断トツの1位のため、まず問題ないと言える。

私は今回、GeneLifeの遺伝子検査を受けることにした。元々体は強くないのだが、どのような結果がでるか不安と期待が交錯する。。。

詳細ホームページはこちら↓↓

遺伝子検査のジーンライフ<Genesis2.0>

検査方法はいたって簡単!

検査方法は簡単、GeneLifeの公式HPから【Genesis2.0】を購入すると、1週間ほどで検査キットが到着する。

 

そして、検査キットによって唾液を採取し、同封の同意書にサインし、返送するだけ。

唾液も大量に必要かと思いきや、2ツバほどの少量でOK。体の負担もなく驚くほど簡単だった。

 

最後に、ホームページにて、ID・パスワードを登録し、検査キットにある番号を入力すれば全て完了。あとは待つだけだ。

検査期間は意外にかかり、約1ヵ月ほどかかる。登録したメールに完了の旨が来るので、ホームページから検査結果を確認することができる。

私の検査結果をカテゴリー別に公開!

検査結果はネットで、項目毎に見ることができるので一目瞭然。では私の遺伝子検査はどうだったのだろうか?

360項目と非常に多いので、興味深いものを抜粋していく。なお、本来は項目ごとに比率のグラフ、詳細説明があり、膨大な情報を得ることができる。

高い疾患レベル

5段階に分かれるリスクで、最もヤバいのが「高い」部類。私は上記の項目が入ってしまった。

特筆すべきは心筋梗塞、冠動脈疾患と心臓病に対するリスクが飛び抜けて高かった。

心筋梗塞のグラフで、なんと1.5%の部類に入るリスクの高さ。

実は親族でも心筋梗塞で亡くなっている人が多く、遺伝子検査でもそれが証明された。

 

 

さらに、男性なら誰もが気になるハゲについて。男性型脱毛症のリスクが最上位だった。

割合で言うと、37.4%の部類。逆にハゲないタイプが14%なので、世の中的にも妥当な割合ではないか。

低い疾患レベル

一方で5段階中最もリスクが下の「低い」に入った項目は上記の通りである。

特筆すべきは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)も遺伝子検査で分かるところ。

私はPTSDには強いというのが分かった、割合で言うと52%。確かにひどい交通事故にあったことがあるが、普通に運転しており何も気にすることがなかった。逆に8.2%の高い人は自身のケアに要注意だ。

 

 

笑ってしまったのが、勃起不全(ED)25%の部類で問題なしという結果が出たこと。

心臓弱くて、ビンビンってどんな祖先だったんだと、思いをはせる。

しかし70%くらいの人はEDの可能性あるので要注意である。

7大生活習慣病のリスク

3大疾病といえば、がん・心筋梗塞・脳卒中7大疾病といえば、そこに糖尿・高血圧・肝臓・腎不全が加わってくる。そのリスクはどうだろうか。

前述の通り、飛び抜けて高いのが心臓病。続いて高血圧、肝硬変が「やや高い」の部類に。

心臓といい高血圧といい、私はどうにも血管が弱いようので、血管年齢に要注意。また肝臓も弱いので、より一層酒を飲まないように注意する。

結局どれも注意が必要だけど、「高い」「やや高い」が出たものは特に予防・対策をする指針になるだろう。

癌リスク

ガンについては、「高い」はなかったものの、全般に「やや高い」が並んでいた。

見ての通り私は強い体ではないことは明白。どの部位でもガンのリスクはあるんだということを肝に銘じなければならない。

寿命について

究極と言える寿命を知ること。なんと遺伝子検査で予測をすることができる。

衝撃の結果はこちら。

私は最も悪い「長寿になりにくい」ということが分かってしまった。

なんと、7.8%とワーストの部類だ。やさしく書いてあるが、要は「短い」ということだ。

これは私的にも一番ショックな結果で、どうすることもできないけど、とても辛い。

 

 

長寿の指標としてもう一つがあるのが「テロメアの長さ」で、これは細胞分裂を繰り返す回数を表す。

テロメアが尽きると細胞分裂が止まるということなので、短い人は短命ということができる。

こちらについては58%の「標準」と出たのが、せめてもの救い。

寿命に関しては、解説でも繰り返し「生活習慣」で伸ばすことができるとフォローされていたので、とにかく私は体の監理を徹底することが唯一の対策となる。

私の能力ついての結果公開!

運動能力

特に若い人であれば知りたい情報であろう「運動能力」について、私はいたって「標準」の結果だった。確かに、スポーツも可もなく不可でもなく普通だったな。

そして筋肉が「遅筋タイプ」。これは持久力があるということだが、これもばっちり合っており、私は速く走るよりも持久走が得意だった。

運動能力はプロスポーツ選手の結果が見たい。きっと相当高い結果が出ているんだろうな。

頭の能力

次の私の頭の能力だが、計算速度以外、「標準」又は「遅い」という、なかなかの厳しい結果が出た。こういうのを見ると、私が「努力型」というのが良く分かる。

嬉しかったのが、音程について「やや高い」が出た。つまりこれは音痴ではないということだ。割合にして27%。

「音程が高い」はわずか2.8%となるので、これが出た人は歌うことがよほど向いているということだ。

私の体質について結果公開!

嗜好品の好き度・強さ

まずは嗜好品についてだが、私の普段の生活がすばり遺伝子においても同様だった。

私は普段、酒、たばこ、コーヒーと大人のたしなみを一切やらないのだが、飲酒量は6%しかいない「少ない」、さらにカフェイン・コーヒーも最低レベルと、その通りの結果がでた。

またアルコール代謝が「分解できない」部類であり、なんとこちらも6%の珍しさ。

世の中にはこういう人がいるので、酒の無理な強要はやめましょう。

体型・太りやすさ

特に女性が気になるであろうダイエットに関わる「体型や太りやすさ」も遺伝子検査でばっちり確認することができる。

私の場合、体脂肪率が高く、皮下脂肪がつきやすいという見た目で分かりづらい肥満傾向。

そして肥満タイプは「洋ナシ型」。つまり下半身が太りやすいということだ。脂質の代謝が苦手なため、油ものには特に注意しなければならない。

確かに、油もののを食べるとニキビがでやすかったり調子が悪くなりやすかったので、遺伝子的にも証明された。

肥満タイプには、その他「リンゴ型」「バナナ型」と分けられる。このダイエットに関することについては別紙「検査結果報告書」があるので、そこでより詳細に知ることができる。

肌の質・強さ

これまた女性にとって重要な肌の質について。私は肌年齢が若いと思っていたが、なんと結果は「最悪」

まず肌タイプは「TypeⅣ」でこれはシミ・シワができやすい一番悪いタイプ

そばかす・ニキビも出やすく、さらに抗酸化酵素も弱い。。。凹むわ。

今後ちょっとでもケアを怠れば、あっという間に老化が進むであろう肌であることが分かった。

肌に関してもダイエット同様、別紙の「検査結果報告書」があり、詳細な情報を知ることができる。

アレルギーについて

私の場合今まで特段のアレルギーに関しては特に苦労したことがなかったが、遺伝子検査の結果においても概ねアレルギーについて問題ないことが分かった。

このアレルギー項目は、特に親が子供に対して有益な情報になるだろう。*検査可能年齢はHPを確認ください。

自分のルーツを知ることができる

最後にジーンライフの遺伝子検査では、自分の母方のルーツが分かる。自分はどこから来た人間なのだろうか、そんなロマンあふれることを知ることができる。

14グループに分類される中で、私は「Gグループ」に該当した。

約3万年前にシベリアで誕生し、日本人の約7~10%という少しレアグループだ。

旧満州、朝鮮半島、中国や中央アジアを移動して日本に入ってきている。長い間を厳寒地で生活していた可能性が高い。私はめちゃくちゃ寒がりなのだが、そうなのか。

北海道やアイヌ、カムチャッカ半島や北シベリアの先住民にGグループは多い。そうか、今後は北方の人たちは兄弟だと思って見るようにしよう。

Gグループは持久力がある人が多いということだが、私にしっかりと当てはまった。

まとめ

以上、私のジーンライフの遺伝子検査の結果報告をまとめた。正直軽い気持ちでやったのだが、想像以上の結果を得ることができた。

自分を「知る・知らない」両方の考えがあると思うが、今回知った感想としては、ショックな結果も沢山あったが、今後の適切な予防や対策を立てられるという意味では、間違いなく検査をして良かった。

今まで生活習慣を気にしなかった人には変わるきっかけになるだろうし、やってきた人もより気合いを入れて取り組むことができる。

今回紹介したのは360項目の総合検査【Genesis2.0】の紹介だったが、実は、「ダイエット」「スポーツ」「肌質」「メタボ」などカテゴリー別に検査を受けることもできる。その場合もちろん料金は安くなる。

少しでも関心を持ったらGenelifeの遺伝子検査を受けてみよう!

スポンサーリンク