お金を稼げるライブクイズ配信アプリ!誰でも勝てる6つの攻略法!

スポンサーリンク

2019年大いに盛り上がっている、賞金を稼げるライブクイズ。すべてのアプリをやり続けて分かった素人でも勝てる攻略法をまとめます。

素人でもライブクイズで勝てる!稼げる!

多くのクイズ配信アプリ、ライブ型クイズとも言う。私ははまりにはまって、ほぼ毎日欠かすことなく参加している。

そして、賞金を稼げるライブクイズは8アプリにまで増えた。

当初私の勝率は20%~30%だったが、現在は40%~50%までに勝率を上げることが出来てきた!

総獲得賞金は1年で40万円以上、立派な副収入である。

私は多少人より物知りなほうかもしれないが、今までにクイズなんてやっておらず完全なクイズ素人である。

ではなぜ、私はクイズである程度勝つことができるのか?!

それは知識以上に、ライブ型クイズならではのテクニックが有効だからである。

現在ある配信アプリまとめ

まず現在行われている、配信アプリを簡単にまとめる。詳細は下記の記事を見てほしい。

現在存在する【ライブクイズ&無料ダウンロードは下記の通り!

1.JAM Live 

2.グノシー

3.ミラティブ

4.Yahoo!(ワイキュー)

5.LiveMe

6.PonQ(ぽんきゅー)

7.Qryppo(クリッポ)(i-phone)

8.LINE LIVE

アプリのまとめ一覧!

分かりやすく、一覧でアプリの特徴をまとめる。

アプリ名 配信時間賞金参加数復活回数
JAM LIVE20:305~10万円8,000人1回全問
グノシー21:30 日除く10万円 アマギフ10,000人1回
ミラティブ20:30 1,500円giftcard1,500人1回
ワイキュー21:0020万円 T-point5,000人
LiveMe19:30 (8,18,28日)10万円or 100万円500人3回
PonQ20:00高級商品500人1回
Qryppo22:00 火水以外1万円1,000人1回
LINE LIVE21:00不定期10万円7,000人1回

復活権がもらえる、紹介コード

クイズに間違えても復活できる復活権は、クリアーするための重要なカギ!

紹介コードを入れれば復活権がゲットできるので活用しよう!

アプリ名紹介コード
JAM LIVE7SXLI
グノシーQo26mVk
ミラティブAHRBLPWDYF
LiveMeQB8357073
PonQ9E7AE
Qryppo65806585
LINE LIVEINRSUwRqwP

タイムスケジュール

ライブクイズを行うためのスケジュールは下記の通り!

  • 19:30 LiveMe (8,18,28日)
  • 20:00 PonQ
  • 20:30 Mirrative (/ JAM Live
  • 21:00 ワイキュー / LINE LIVE (不定期)
  • 21:30 グノシーQ(日以外)
  • 22:00 Qryppo(火水以外)

クイズに勝つ6つの攻略法!

クイズに強くなるには、もちろん知識量を増やすことだが、膨大なジャンルの知識を今から増やすことは難しい。力がつく頃には、ライブクイズは終わっているだろう。

であるならば、勉強は出題頻度が高いところに絞り、テクニックを使って勝つことが一番の最短の道。

私が実践している攻略法はこの6つだ!

  1. 紹介コードを使って復活権を使いこなす!
  2. 公式ツイッターをフォロー
  3. アプリの企画、内容、用語を確認
  4. 勝率よりも獲得額!スペシャル回に力を注ぐ
  5. スペシャル企画ではMCを要チェック
  6. 全てのアプリをやり続ける

①紹介コードを使って復活権を使いこなす!

 

一部を除き各アプリは人に紹介することで、紹介者・紹介された側お互いに1枚復活権がもらえる。これはどこかで間違えても復活することができる権利だ。

まずはこの復活権を持つことが一番の勝利への近道。なぜならほとんどのクイズは中級レベルであり、分からない問題は1,2問だからだ。

クリアーしないと賞金はゼロなので、惜しかったでは意味がない。その時に復活権が役に立つ。

それぞれのアプリの紹介コードは上記の通り!このコードをアプリのコード入力欄に張り付ければOK。是非よろしく!

②公式ツイッターをフォロー

次に各アプリの公式ツイッターを全てフォローしよう。ツイッターをやっていないならすぐに始めるべし。

公式ツイッターから、最新の情報、スペシャル企画などの情報がアップデートされることはもちろん、なんとクイズのヒントが良くでるのだ。

Twitterのダウンロードがまだな方はこちら

 

このヒントを知るだけで1問得することになる。しかもそれが難しい問題だったりする。

さらに、クイズとは別にツイッターを使ったキャンペーンが行われることもあり、そこで商品や賞金をゲットすることもある。

どうぜ当たらないでしょう、、、、と思うあなた、驚くなかれ私は既にサイン色紙やらアマゾンギフト券5,000円があたっている。この短期間にだ。

  

ただフォローするだけでこれだけの特典を得れるのだから、フォローしない理由はない。

Twitterのダウンロードがまだな方はこちら

③アプリの企画、内容、用語を確認

クイズ配信アプリの特徴として、アプリについて問う問題が頻出する。

運営者側からすると、普段アプリを利用しないクイズのプロが賞金をかっさらうよりも、アプリを使っている人に勝ってほしいはず。

だからどのアプリもアプリについて問題を出して、クイズのプロを落としてくる。

なのでアプリの内容をできる限りチェックしておこう。どんな企画が行われているか、どんな機能を持っているか、基本的な操作方法やルールはどうなっているかなど。

多少大変かもしれないが、膨大な一般知識を勉強するよりは、出題可能性は圧倒的に高く労力は最小限となる。

特に自身のアプリについて聞いてくるクイズ配信アプリは、17Live、Liveme、Stager Live あたりだ!

④勝率よりも獲得額!スペシャル回に力を注ぐ

もちろん全てのアプリを毎日やるのがいいが、時間的に難しいこともある。

そういうときには賞金額が上がるスペシャル企画や、そもそもの賞金が高いドキドキLiveだけは必ず参加するようにしよう。

賞金が上がればもちろん参加人数も増えるが、経験から最終的な一人当たりの獲得賞金は上がる。

いくら勝率が良くても、賞金が数百円ばかりのときでは獲得額は伸びない。

獲得額に大きな差がでるのは、スペシャル企画や参加人数が少ないとき、難易度が高いときに発生する高額賞金を獲得できるか否か。

例えばグノシーQで復活権が1枚あるとする。私はそういう時、平日は参加せず、土日のみに参加する。なぜなら平日は賞金10万で、土日は50万円ほどにあがることが多いからだ。

もし平日で復活権を使ってしまうと、数倍の賞金額の土日には復活権ゼロで臨まないといけなくなる。それは戦略としてよろしくない。

そうやって、賞金が高いときにしっかり参加する、そして勝つ可能性を高めておくというのが獲得賞金を高くするコツだ。

⑤スペシャル企画ではMC(司会者)を要チェック

賞金が高くなるスペシャル企画のときには、運営側も特別感を出すために普段と違うMCが登場することがある。

そういったときは必ずMCについて調べておこう。なぜならそのMCについての質問がかなり高い可能性で聞かれるからだ。

Buzz VIdeoが賞金500万円としたスペシャル企画の際、MCは特別にデビ夫人だったが、なんと最終問題は「デビ夫人のブログタイトルは?(独り言、独断と偏見)」だった。

これで賞金獲得かゼロかが決まるのである。調べておけば即答できる問題。私は調べておらず間違えた。

さらにはLivemeで50万円のスペシャル企画時えなこが司会だったが、なんと半分以上がえなこについての問題だったこともある。

この時の最終問題は「えなこはお風呂でどこから洗う?(腕)」というむちゃくちゃな問題だったが、これで312ドル(32,000円)の賞金か、間違えればゼロという回もあった。

この時はさすがに調べようがなかったが、カンで正解した。正解したからいいものの、間違えたら悶絶ものである。

珍しいMCが出たときはまず1,2題はその人にまつわる問題がでると思ってよい。

⑥全てのアプリをやり続ける

最後に結局根性論かい!となるかもしれないが、全てのアプリをこつこつやり続けることが勝率が上がっていくカギである。

大体の人はある程度やると飽きてしまったり、勝てないと辞めてしまうことが多いのだが、そこで続けることで思いがけず自分が詳しい分野の問題が出たり、高額賞金になったりすることがある。

私は映画が詳しいのだが、17Qで映画中心の問題が出たとき即答で答えることができた。しかも一般的には難しい問題のようで、優勝者6人(5,000円)となった。

またライブクイズをやり続けていると、10秒間の感覚に慣れて冷静に答えることができる。特に慣れない人が最終問題に来ると緊張するが、ある程度冷静に考えることができる。その差は大きい。

クイズを続けていると、同じアプリにおいて問題の傾向もわかるし、同じような問題を聞いてくることもある。17Qでは1リットル=10デシリットルに関する問題を3回連続聞いてきたことがある。

毎回やっている人は、「またかい!」という感じで簡単に答えることができる。

さらに非常に不思議なのだが、あるアプリで出た問題が他のアプリででる現象が頻発する。

「日本で二番目に大きい都道府県はどこ?(岩手)」とか「地震を予知する淡水魚は?(なまず)」など多数の問題がアプリをまたいで登場してくる。

だから色んなアプリをやればやるほど知っている問題に出くわすことが多くなる。もちろん即答で答えることができる。

以上6つの攻略法を書いた。いつまでクイズ配信が続くか分からないけど、多くのアプリが始まっている今だけがチャンスなので、このタイミングを逃さずたくさん賞金ゲットしよう!

【紹介】クイズするなら格安simのLINEモバイルがお勧め!

現在私はデータを使い切ってもLINEなどのSNSが利用できるので、LINEモバイルを使っているが、クイズをしていると大変困ることがある。

それは携帯のデータ容量が足りないことだ!!

今月、月額1,690円の3GBから月額2,220円の5GBに変更したが足りなかった。

悩んでいると、LINEモバイルが新しいサービスを始めた。

それは、Wi-Fiオプションだ!!!!

*公式HPからの抜粋

なんと、月額たった200円を支払うだけで、49,000ヵ所ものスポットでWi-Fi接続できるというもの!

試しに、Wi-Fiスポットを私の家の周りで検索してみると、、、

そこら中にある!即申し込みました。

クイズを外でも思う存分やりたい人は、LINEモバイル の一択!申し込みはこちらから。

格安simやLINEモバイルについてはこちらの記事!

simフリー携帯&格安simに変えなきゃ損!そのメリットを書く

2017.12.27

スポンサーリンク