タイで外こもり!バンコクの交通手段 タクシーとか便利な順に!

スポンサーリンク

*2018/11/19 更新!

バンコクに住んでいて役に立つ交通手段について書きたいと思います。

バンコクは交通費が安い!

バンコクに来て誰もが思うことが、とにかく交通費が安いということ。さらに日本よりも選択の幅があるといえる。

日本であればほぼ電車に限られるだろうけど、バンコクはタクシーも安いし、バイクタクシーやトゥクトゥクと言う手段もある。

私が便利だなと思った交通手段を書いていこう。

バンコクの便利な交通手段を挙げてみる!

1位 バイクタクシー

私が一番大好きなのはバイクタクシー!

  • 日本にない移動手段として新鮮。

日本ではもちろんバイクはタクシーとして使えない。バンコクではそこらじゅうにオレンジの上着を着ているバイクタクシーがおり、庶民の足として使われている。

ノーヘルで乗ることが多いため疾走感を感じることができ、あぁ東南アジアに来てるなぁと実感することができる。

  • 費用はタクシーより少し高い

20B(60円)くらいから利用できて、10分、15分位の場所であれば50Bほどでいける。

タクシーよりも少し高いイメージだが、渋滞が多い場所ではタクシーは時間でも加算されるのでバイクタクシーのほうが安くなることも。

  • 何よりも超早い!

一番のメリットは渋滞でもすり抜けていくため、目的地に本当にストレスなく向かうことができる!

バンコクの主要な道路は渋滞していることがほとんどのため、バイクの便利さは際立つ。

  • 危険なことは理解しよう

もちろん車をすり抜けたり、道路のコンディションも良くないことも多いので事故が起きる可能性は車よりよほど高いだろう。

さらに薄着かつノーヘルなことがほとんどなので、事故が起きたときにはケガは避けられない。

そういったリスクがあるので女性には勧めないが、便利なのは間違いないのでリスクを理解した上で利用しよう。

2位 タクシー

  • 日本で比べた場合の圧倒的コスパ!

バンコクのタクシーはとにかく安い!初乗りはなんと35B(105円)と日本の初乗り730円と比べてなんと7分の1

正直、電車を使わなくてもタクシーでなんとでもなる。もちろん電車よりは高くなるが。日本の電車とタクシーとの差よりは圧倒的に少ない。

私は日本ではタクシーはもったいなさ過ぎて、記憶にない位使うことがない。タイではタクシーを乗ることによってセレブ感を感じることができる。

  • 英語ができなかったり、道を知らないことが多々ある

半分くらいのタクシーは英語ができないので、それで乗車拒否を受けることがある。さらにカーナビはついていないので、道を間違える、知らないということが頻発する。

そのため、あまり運転手は頼りにならず、自分が携帯の地図を片手に一生懸命指示することも出てくる。

さらに、100B札を出しても「お釣りがない」「へっ!?」というあり得ない状況もあり得るので、常に小銭、20B札を常備していなければいけない。

Uberとかの配車サービスを使えばその心配はないが、これもアジアっぽさを感じる一つなのかなとも思う。日本じゃこういった状況はないので。

3位 電車(BTS, MRT)

  • 安定の移動方法

バンコクにあるのは高架鉄道BTSと地下鉄MRTの2種類。もちろん渋滞がないので、日本と同様バンコクの皆さんも通勤の足として利用している。

費用はBTS・MRTのいずれも初乗り15B(45円)から50B(150円)ほど。もちろん日本より安い。

電車は大体深夜12時くらいまではやっているので、電車がある時間であれば利用したほうが良い。

  • バンコクにも通勤ラッシュはある

朝や夕方に利用すると主要駅では満員電車になることがある。混雑は日本だけではない。

しかしタイ人は意外に無理に乗ろうとせず、次の電車に見送る。日本なら押し込み押し込みですし詰めになるのだが。

  • チャージできるカードは持っておこう!!

MRT・BTSのいずれもSuicaのようなチャージできるカードがあるので、両方持ってチャージしておこう。窓口で簡単に買える。

サイアム駅やアソーク駅等の主要な駅は観光客が多く、券売機売り場はむちゃくちゃ並ぶ。未だに券売機は少なく、窓口で駅員が売っているので時間がかかる。

ここは観光客と差を見せつけるべく、カードで颯爽と改札を通過しよう。

4位 トゥクトゥク

こちらは全然お勧めしない。物珍しさもあるので経験的に乗るのはもちろんありだが、長期滞在者にとっては必要ない。

金額もタクシーよりも高く観光価格、スピードも遅い、乗り心地悪い、バイクのように渋滞をすり抜けることもできない。

他の交通手段がなく、トゥクトゥクしかないときに利用する位の位置づけかなと。

5位 バス

7B(21円)~と激安なのが公共バス。しかし、私は全然乗りこなすことができなかった。

時刻表も路線マップもバス停にないので、いつくるのか、どこに行くのか全然分からない。

一度イミグレに行くときに利用したが、炎天下に散々待って時間もかかったのでそれ以来乗らなかった。時は金なりなので。

ドンムアン空港から駅までとかの特定のルートで利用する以外は必要ないと思う。タクシー・バイクタクシーのほうが効率的に時間を使うことができる。

参考 Uber

私が利用したことなかったが、友人が良く利用していたのがUber。日本では利用できないが、タイでは今のところOK。

目的地をアプリで伝えた上で乗車するので道を間違うことがないし、料金もクレジットカードで払うのでお釣りがないということが起きない。

私はアプリへの入力や車を探すのが面倒だったのと、そこら中にタクシーが走っているのでタクシーを使ってしまっていた。経験として使っておけば良かった。

まとめ

色々な交通手段を書いてみた。私はバイクタクシーを推しているが危険なので、無難に行くなら電車やタクシー。

日本よりも色んな選択肢があるので、状況に応じてベストな乗り物を選ぼう。

紹介:【エポスカード】は無料で海外旅行傷害保険がついている!

海外に滞在する際、海外旅行傷害保険(以下、海外保険)についておざなりになっている人は多くいると思う。

クレジットカードによっては海外保険が付いているのはご存知だろうか?ケガや病気、携行品の損害をカバーしてくれる便利な機能だ。

海外保険が付いているクレジットカードで、私は【エポスカード】をお勧めする!

エポスカードは無料で作成できるクレジットカードで一番好待遇の海外保険となっている。しかも持っているだけで自動加入、何もしなくてよい。

もちろんクレジットカードとして、海外でのカード払いや海外通貨でのキャッシングも可能だ。海外に行くなら便利なこと間違いなし!

  • 入会費年会費無料!
  • 最短でカードの即日発効が可能!
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯!(90日間)
  • 他のクレジットカードの保険と合算可能!(傷害死亡・後遺障害保険金以外)


スポンサーリンク