タイで外こもり!バンコクに引っ越し後、役に立つ買い物場所4選!

スポンサーリンク

*2018/11/19 更新!

バンコクで部屋が決まったら、買わなくちゃいけないものが色々出てくると思います。私が実際に利用した買い物場所を紹介します。

引っ越し後、どこで何を買いそろえよう!?

タイで長期滞在をする場合、一人暮らしをする場合が多いと思う。

バンコクのマンションは家具やある程度の家電は最初からついていることが多いが、それでも買い揃えないといけないものは何かと出てくるだろう。

タイで外こもり!バンコクに住むならお勧めエリアはここしかない!

2017.09.03

私も引っ越しを2回する中で、少しでも安くものをそろえようと色んなスーパーやショッピングセンターを回った。

色々見た中でお勧めのスーパーと、いまいちだな。。。という個人的感想を書いていく。

お勧めする2つの大型スーパーとその他いろいろ

「BIG C」と「Tesco Lotus」で間違いない!

 

バンコクで2強の大型スーパーと言えば「ビックC」と「テスコロータス」の2つだ。タイ全土に展開されており、イメージとしては「整然としたドン・キホーテ」といった感じ。

この2つのスーパーは食品、雑貨、おもちゃ、家具など、とにかく何でもそろっている。お互いに価格競争をしており、我々消費者は相当その恩恵を受けている。

地図を見ての通り店舗数も拮抗しており、ライバルが故にオンヌット駅、ラマ4世通りなど徒歩で2つのスーパーを回ることができるエリアもある。

その中でも私がお勧めしたいのは、オンヌット駅のビッグCとテスコロータスだ。オンヌット駅から両方歩いていける距離にあり、見比べることが可能だ。(テスコロータスは駅直通)

さらにビックCの中には「20バーツ屋」があり何でも20B(60円)で雑貨を買うことができる。キッチン系、文具系の小さな雑貨はここで買ったほうが絶対に安い。

タイで外こもり!便利でローカル感のあるオンヌット駅に住もう!

2017.09.05

無駄のない買い物の流れ

  1. 駅降りて直通のテスコロータスで価格チェック
  2. 歩いて数分のビックCで価格チェック、安ければそこで購入
  3. カゴとか小さな雑貨であればビックC内にある「20バーツ屋」を必ずチェック
  4. テスコロータスに戻り安かったものをそこで購入、電車で帰宅

テスコロータス

  • ドライヤー、扇風機、掃除機等の家電についてはテスコロータスは若干高いものの、品質が上だと思う。
  • また耳栓とかの少しマニアックな商品もテスコロータスのほうが見つかることが多かった。品数はテスコロータスが上か。
  • フードコートもビックCよりもレベルが高い。

ビックC

  • ビックCは、バスタオルやシーツ、マットレス等の寝具や生地系の商品に強く、安い。シングルのマットレスは5,000円ほどで購入できたし、説明に苦労したものの配送も無料でやってくれた。
  • 全般に品質は??のところがあるが、価格はテスコロータスよりも安いことが多い。品質を取るか、価格を取るかというところ。

どんな商品でもバンコクの庶民価格となるため、この2つを見比べて安いものを買っておけば問題ないだろう。

2つのスーパーで見比べて買えば、「やっちまった!」は起きない。

「IKEA」にはいい思い出がない

バンコクにイケアは一つだけあり、「Mega Bangna」というバンコクで一番大きいショッピングセンターの中にある。とにかく大きいショッピングセンターなので一見の価値あり。

駅から歩いていくことはできないが、BTSオンヌット駅より3駅先のウドムスック駅からシャトルバスが出ている。

なぜか世間は「イケア=安くて良い商品」というイメージがあるが、私は買ったあと後悔することが多いので納得いかない。

バンコクでも、マットレスとベットの木枠本体を安かったので買ったが、マットレスはトランポリンのようなバネで全く寝れない、枠組みもネジがはまらない。

更にスノコのような横渡しをする板が別売りで必要で、マットレスが置くことができなかった。この苦労と無駄による徒労感たるや。。。。

木枠を必死に組み立てた後、ハマらないことが分かった写真、うそだろ。。。

二つとも捨てて、ビックCで買い直し。6,7千円くらい損した。よく考えたら木枠もいらない。

  • 組み立て系の家具はとにかく作業が大変、かつネジが合わない等の不具合が多い。
  • 配送料が600B(1,800円)ほどと高いので、車がない人には向かない。

ビックCで買い直したマットレス写真。ビックC最高!

但し、キングサイズのブランケットや絨毯、シーツ系、間接照明はおしゃれかつ安かったので、そのあたりは買って正解だった。

IKEAは持ち運べるレベルの雑貨を買うのがベターであり充分。

COSTCOのタイ版「MACRO」は状況に応じて

バンコクにはコストコのタイバージョンである「マクロ」という業務用スーパーがある。割引のある会員カードは法人しか作れないが、一般人でも購入することができる。

行ってみたが、ビックC・テスコロータスが既に安いので言うほど安さは感じなかった。業務用洗剤等の消耗品は大きい分割安だったが、一人暮らしでそこまで必要ない。

また、車がない場合BTSチョーンノンシー駅からバイタク又はタクシーが必要。帰りは荷物が多ければ家までタクシーが必要なので、移動だけでお金と時間が相当かかる。そのため商品が多少安くても、帳消しになる。

一人暮らしに必要なもので、MacroにあるものはビックC・テスコロータスにある。偶然通ったので行ってみた位の位置づけでいいのではなかろうか。

一人暮らしでMacroはお得感がない。

日本のものなら「Fuji Super」と隣の雑貨屋!

  

日本製で日本で売っているものが欲しければ、「フジスーパー」と「その隣の雑貨屋」に行こう!大概のものは手に入る。フジスーパーはプロームポン駅から歩いて行ける。

私は、その雑貨屋でどこでも見つけることができなかった「ビニールヒモ」と「消臭スプレー」を手に入れることができた。

日本が恋しくなったらFuji Super

処分するときは「トレジャーファクトリー」で売ろう

最後に部屋を引き払う時はいらない物を処分する必要がある。バンコクにはなんとトレジャーファクトリーがあり、電話をすれば査定・引き取りを日本人スタッフが対応してくれる。

私も退去するときに利用して、時間通りに日本人スタッフが来てくれた。対応も丁寧かつ迅速で、マットレス、延長コード、扇風機、掃除機などほとんどの物を買い取ってくれた。定価の約5-20%の買い取り。

少しでもお金がつくだけでもありがたく、値段がつかないものも引き取って処分してくれたので本当に助かった。トレジャーファクトリーは本当にお勧め。

まとめ

ということで様々なスーパーを紹介した。基本はビックCとテスコロータスで買い揃えつつ、こだわりのある物、そこにしかないものを他のスーパーで買うという考えで良いと思う。

私は本当に無駄な買い物でお金と時間の浪費をしたので、これを参考に効率的かつ安く色んなものを買い揃えよう。

紹介:【エポスカード】は無料で海外旅行傷害保険がついている!

海外に滞在する際、海外旅行傷害保険(以下、海外保険)についておざなりになっている人は多くいると思う。

クレジットカードによっては海外保険が付いているのはご存知だろうか?ケガや病気、携行品の損害をカバーしてくれる便利な機能だ。

海外保険が付いているクレジットカードで、私は【エポスカード】をお勧めする!

エポスカードは無料で作成できるクレジットカードで一番好待遇の海外保険となっている。しかも持っているだけで自動加入、何もしなくてよい。

もちろんクレジットカードとして、海外でのカード払いや海外通貨でのキャッシングも可能だ。海外に行くなら便利なこと間違いなし!

  • 入会費年会費無料!
  • 最短でカードの即日発効が可能!
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯!(90日間)
  • 他のクレジットカードの保険と合算可能!(傷害死亡・後遺障害保険金以外)


スポンサーリンク