タイで外こもり!バンコクで短期滞在するときの5つの宿泊方法!

スポンサーリンク

*2018/11/19 更新!

旅行や部屋探し前に利用する短期滞在の宿泊方法を挙げます。

まずバンコクについたらどこかに泊まらないといけない。

長期滞在するには部屋探しをする必要があるため、バンコクに来て部屋が見つかるまではどこかに泊まらないといけない。

部屋を借りたいエリアがある程度決まっていれば、もちろんその辺りで宿泊したほうが部屋探しは楽になるだろう。

タイで外こもり!バンコクに住むならお勧めエリアはここしかない!

2017.09.03

なお、部屋探しの期間はすぐに入れる部屋を見つけるとして、私は三日もあれば十分だと思う。なので、事前予約する場合も3泊分くらいで問題ない。私は1ヵ月も予約してしまい、6万円もかかってしまった。

短期滞在で使える5つの宿泊方法

ホテル

料金1,000B(3,000円)~

一番オーソドックスな宿泊方法、もちろん一番高くつくが安心・安全で行きたいならホテルに限る。

ホテルによっては、人を部屋に入れる場合 JF(ジョイナーフィー)を取られる場合があるので、人を呼びたいときはJFがないか確認したほうが良い。

検索サイトは色々あるがAgodaを使っていれば、まず「やらかした」というのはないだろう。情報量が一番多く、また最低価格保証がついているからだ。

アゴダのダウンロードはこちら

ゲストハウス

料金400B(1,200円)~

私がお勧めしたいのはこのゲストハウス、バンコクはゲストハウスが大変多い場所なので、バンコクでどのエリアでも見つけることができる。交流したい人にはぴったりだ。

これも検索サイトはAgodaを使えば問題ない。

正直私はバンコクでゲストハウスを全然開拓できていないので個別に紹介できるゲストハウスはないが、ゲストハウスで私が重視しているのは、「くつろぎやすいラウンジ」かどうかだ。

交流目的の場合、このラウンジがイケていないと人が集まらない。そのため、写真や口コミで判断するしかないが、リビングがどんな感じか忘れずにチェックしよう。

日本人系ゲストハウス

料金500B(1,500円)~

英語ができないとか、日本人と関わりたいということであれば、日本人系ゲストハウスも一つの選択肢だ。オーナーも客も日本人なので、もちろん仲良くなりやすい。

特にバンコクに来て間もないころは、右も左も分からない状態だと思う。日本人の知り合いができれば貴重な情報源となり、スタートダッシュを決めることができるだろう。

ネットで見つけた日本人系ゲストハウス抜粋。JP Guest Houseだけは見学に行ったが、プロームポン駅数分の超便利な場所だった。ただし、いかがわしいマッサージストリートど真ん中だ。

  • JP Guest House  シングル 1,000B(3,000円)
  • EZ STAY Bangkok ドミトリー 600B(1,800円)
  • すいかハウス            ドミトリー 500B(1,500円)
  • Trica Hostel      ドミトリー 450B(1,350円)

Airbnb(民泊)

料金800B(2,400円)~

私が利用したのが、こちらの民泊スタイル。Airbnbは最大手の民泊サイトとなり、情報量や信頼度については他の追随を許さない。

宿泊タイプは部屋をそのまま貸す「貸し切りタイプ」、空いている個室を貸す「個室タイプ」、一部屋に何人も貸す「ドミトリータイプ」がある。

なお、あまりに安い所や、ドミトリータイプは勧めない。個人がビジネス目的でやっていることが多いのでサービスが期待できない。であれば、ゲストハウスのほうが絶対良い。

部屋の家主と仲良くなりたければ「個室タイプ」を選ぶと良い。家主の性格にもよるが交流をすることができる。なお、私もバンコクで空いた部屋をAirbnbで貸していた。

9棟のシェアハウス体験談⑨ バンコクで物件を運営してみた!

2017.08.27

私はバンコクに来た最初の1ヵ月をAirbnbを利用して貸切タイプの部屋に泊まった。クローントゥーイ駅徒歩10分ほどで、2万B(6万円)だった。

むちゃくちゃ綺麗だったが不便な場所だったし、1ヵ月は絶対必要なかった。右も左も分からないとこういうことがある。

マンガ喫茶

変わり種を一つ。バンコクには1つだけ24時間営業の日本人向けマンガ喫茶がある。名前は「春らんまん」。プロームポン駅近くにあるので便利な場所で、2016年に新しくできたばかりだ。

日本のマンガ喫茶同様にシャワー、個室もあり、宿泊施設として利用できる。

 

まとめ

私がお勧めするのはゲストハウス>Airbnb>ホテルの順だ。やはりせっかく一人で来たのなら、いろんな交流したほうが楽しいし、特に最初は情報が重要なので一人でホテルに泊まるのはもったいない。高いし。

是非自分にあった宿泊方法を見つけよう。

紹介:【エポスカード】は無料で海外旅行傷害保険がついている!

海外に滞在する際、海外旅行傷害保険(以下、海外保険)についておざなりになっている人は多くいると思う。

クレジットカードによっては海外保険が付いているのはご存知だろうか?ケガや病気、携行品の損害をカバーしてくれる便利な機能だ。

海外保険が付いているクレジットカードで、私は【エポスカード】をお勧めする!

エポスカードは無料で作成できるクレジットカードで一番好待遇の海外保険となっている。しかも持っているだけで自動加入、何もしなくてよい。

もちろんクレジットカードとして、海外でのカード払いや海外通貨でのキャッシングも可能だ。海外に行くなら便利なこと間違いなし!

  • 入会費年会費無料!
  • 最短でカードの即日発効が可能!
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯!(90日間)
  • 他のクレジットカードの保険と合算可能!(傷害死亡・後遺障害保険金以外)


スポンサーリンク