タイで外こもり!便利でローカル感のあるオンヌット駅に住もう!

スポンサーリンク

*2018/11/19 更新!

バンコクに長期滞在するなら、どこに住むかを決めなければいけません。

便利でかつ地元タイ人が多くいるようなローカル感があるところに住みたいならオンヌット駅がお勧めです。オンヌット駅について掘り下げて紹介します。

考えてオンヌットに住むことを決める!

Airbnbでとりあえずと思い1ヵ月住んだ地下鉄MRTクローントゥーイ駅徒歩7分、しかし駅周辺には何もなくMRTよりも緑のラインである高架鉄道BTSのほうがイケてる駅が多いことに住んで気づく。

タイで外こもり!バンコクに住むならお勧めエリアはここしかない!

2017.09.03

BTSアソーク駅から東方面が住みやすいと判断し、家賃も高くなく、駅自体もいろいろありそうなオンヌット駅に目をうつける。

足を使ってオンヌット駅周辺を直接みて回ることにする。

素晴らしい物件に出会えた!

この時は知らなかったが物件に直接訪問するとなると、アパートタイプはスタッフがちゃんと対応してくれるが、コンドタイプは適当な対応されることが多い。コンドタイプに住みたいなら不動産屋を通すのがベターだ。

タイで外こもり!アパートとコンドミニアムどちらに住むべき!?

2017.08.30

初めて降り立ったオンヌット、確かに駅前には大型スーパー、繁華街のアソーク駅からも5駅くらいとまぁまぁ確かに住みやすそうかな。

ふらふら歩きながら程よい物件がないか探す。

オンヌット南側、新しいけど人のいない商業施設の近くに安そうな物件を発見。駅徒歩4分ほどと立地は申し分ない。

値段を聞いてみると、「6,000B(18,000円」、安っ!!!!!

 

ふーむ、、、安いんだけどね、、、ぼろいし、近所もその商業施設以外何もなくて、なんか寂しいんだよね。。。

なんか、ここで生活することにワクワクを感じず。とりあえず保留で次にいく。

不動産屋っぽいところに入ると、そこでは賃貸は扱っていないけど系列の賃貸マンションがあると紹介を受ける。

それが「KVマンション」というところ。オンヌット東側にある。

車、バイクの通り道の一本道を歩くと、あったKVマンション。おぉ!マンションはおしゃれで一階には店舗、マンション前にはセブンイレブンと悪くない。

アパートタイプで、受付スタッフも愛想よし、賃料10,000B(30,000円)ほどと価格も悪くない。

うんこれならいいかなと、でも何かが足りないような。。。。

翌日、改めて物件探し。ネット情報でオンヌット北側にも物件があるという。その情報を頼りに行ってみる。

オンヌット北側に行くと、、、、

んん、、、、っっ、歩くほどに人が増えていく、そして5分ほど歩くと、狭い小道にマッサージが立ち並ぶ!抜けるとでかい大型スーパーに市場!、バスを待つ多くの地元民!道沿いの屋台!賑やかなエリアに変わる!

おーーー!これこれ!この熱気!ザ・東南アジアって感じ!? 素晴らしい!!!

そして物件の「Baan Saran Nuch」へ向かうと、大通りの喧噪から一本入るため、すんっと静かになる。

はい、きました。賑やかにも関わらず物件は静か、最高のロケーションだ。

そして物件を見ると、、、、、

   

えっとーーーー100点です。最高かよ!!!リゾート感あふれる造りに、このラグジュアリーある施設。

この敷地には2物件があり、写真にある白いメインの建物は満室で入れず。もう一つの3階建てシックな建物を紹介されるが、むしろこちらのほうがカッコいい!!そして家賃も11,000B(33,000円)と高くない!

強いて言えば駅距離か、徒歩7,8分は歩く気がする。しかし、もちろん即決でこの物件に決定する。

オンヌットに住むならコンドミニアムが並ぶ超駅前か、北側に住むかの2択といえる。

オンヌットの魅力を語ろう!

なんといってもローカルな雰囲気

繁華街のアソーク駅から5駅にも関わらず、観光地っぽくないローカルな雰囲気が十分に残っている。

私の住んでいた物件あたりに魅力が凝縮されている。

青のラインはマッサージが10店舗以上立ち並ぶ通りで、揚げ物などの歩き食いができる小さな屋台もある。バスへ通りにいくショートカットとなるため多くの人が歩いている楽しい道。マッサージは200B(600円)+チップと都心に比べると安い。

 

茶色のラインには雑貨系の出店、ピンクのラインには移動式の屋台がずらっと並んでいる。アジアらしいごちゃごちゃ感を感じることができる。

 

紫のラインにはベストビーフという屋外型の焼肉食べ放題の店!200~300B(600~900円)ほどで焼肉、海鮮、野菜など食べ放題。数百の席がタイ人で毎日びっしりだ。

 

ビックCは大型のスーパー、そして朝市をやっているFresh food Market と買い物も近所でできる。

 

素晴らしくない??家の近所で十分にタイらしさを満喫することができるエリアだ。近所に「すいかハウス」という日本人向けゲストハウスもあるので、短期で来るならこちらを利用するのも良い。

日本人も多く、日本食も結構ある

から揚げ屋の「トリカ」、バンコクに何店舗も「ラーメン七星」などリーズナブルな日本食も多くある。こちらも家の近所だったので、むちゃくちゃ通った。

また驚くほどにクラスメートや日本人が住んでいるので、友人同士でも集まりやすい場所だ。

 

屋台が結構残っている

近年バンコクでは屋台はなくなっている傾向があり、アソークやトンローなど屋台の有名エリアは軒並み無くなってしまっている。オンヌットについても駅東側にかなりの大きさの屋台街があったが無くなってしまった。

しかし、駅前や東側のKVマンションの先、スーパーBIG Cの前など、まだまだ屋台がたくさん残っている。いつまであるかわからないが、ローカルフードを楽しむことができる。

 

カフェも結構ある

フリーランスならカフェで作業をする機会が多くあると思う。オンヌットにはカフェが結構あり、なかには24時間やっているところもある。24時間営業の駅前マック、西側の「TOM N Coffee」はよく行った。とても綺麗。

 

バンコク2大スーパーがある

バンコクの大きなスーパーは「テスコロータス」「ビックC」の二つだ。オンヌットには近所に2つともある!こういった場所はなかなか無いはず。

 

いずれも格安スーパーなので、この二つを比べながら買い物すれば「やらかした!」ということはないだろう。

ビックCには「20バーツ屋」という雑貨屋があり、ダイソー感覚で20B(60円)で買うことができる。

さらに、こういった大型スーパーにはフードコートが入っているので安く食事をすることも可能。これに関しては駅前のテスコロータスのほうがお勧め。

 

まとめ

ということで、オンヌットの物件や環境について書いてきたが、書きながら改めていい場所だったなと再確認した。都心ど真ん中で慌ただしいところが苦手な人は、ローカル感もあり便利なオンヌットは本当にお勧め。

最近はオンヌットに住む日本人も本当に増えてきているので、ここで友達ができれば楽しさ倍増すること間違いなし。

私もここでタイ人と知り合い、バトミントンしたりドライブしたりと交流することができた。そういった可能性もある街だ。

 

紹介:【エポスカード】は無料で海外旅行傷害保険がついている!

海外に滞在する際、海外旅行傷害保険(以下、海外保険)についておざなりになっている人は多くいると思う。

クレジットカードによっては海外保険が付いているのはご存知だろうか?ケガや病気、携行品の損害をカバーしてくれる便利な機能だ。

海外保険が付いているクレジットカードで、私は【エポスカード】をお勧めする!

エポスカードは無料で作成できるクレジットカードで一番好待遇の海外保険となっている。しかも持っているだけで自動加入、何もしなくてよい。

もちろんクレジットカードとして、海外でのカード払いや海外通貨でのキャッシングも可能だ。海外に行くなら便利なこと間違いなし!

  • 入会費年会費無料!
  • 最短でカードの即日発効が可能!
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯!(90日間)
  • 他のクレジットカードの保険と合算可能!(傷害死亡・後遺障害保険金以外)


スポンサーリンク