タイで外こもり!バンコク銀行のキャッシュカード作るとまじで便利!

スポンサーリンク

タイに長期滞在していると、送金であったり支払いであったりでタイでの銀行口座があったほうがいいことが多々ある。

そんな人のために、私が作って超便利だったバンコク銀行の口座について書いていきます。

バンコク銀行本店は唯一口座が開ける場所

バンコクに長期滞在していると、定期的に日本にある銀行からお金を引き出したり、クレジットカードでキャッシングすることがある。しかし何かと手数料がかかり、これを繰り返すと相当な金額になってくる。

ATMを使ったキャッシング限度額はCity Bankが1回40,000B(12万円)、その他の銀行が1回30,000B(9万円)で1回あたり200B(600円)の手数料がかかってくる。

またタイでの両替として多額の日本円を持ってくると思うが、部屋に現金を置いておくことは何かあったときを考えると、できれば避けたいだろう。

そんな時に、タイの銀行口座とキャッシュカードがあればいいのに、、、と思うはず。

特にネットでフリーランスをやっていると、報酬の為替を選ぶことができる場合がある。その時、バーツでタイの口座に入れてもらえれば、日本円からバーツに交換する必要がないので為替手数料をなくすことができる。これは大きい。

しかし残念ながら、就労ビザを持っていない限り、旅行者ビザや学生ビザではタイでは口座開設はできないのが通常である。

ところが、バンコク銀行のシーロム本店だけは、口座開設ができるのである!このバンコク銀行の口座が相当な優れものなので、ぜひ紹介したい。

なお詳細な口座開設方法や口座の詳細については他のブログにあるのでぜひ参照してください。

何度も通って作った銀行口座とキャッシュカード!

色んなブログを参考にしてバンコク銀行シーロム本店へ行く。しかし、16時着くと既に閉店、、、営業時間15:30までだった。。。帰宅。。。

後日昼間くらいに、再度銀行へ行く、、、、、、や、やってない! なぜ!? 考えたら祝日だった。。。帰宅。。。

そして、通うこと3回目ようやく営業しているバンコク銀行へ行く。

パスポートなどを見せて手続きを進めるが、免許証の証明書が必要という。持っていない。。。

日本大使館にいかないと、証明書がもらえないらしい。オーマイガッド。

また出直しか・・・と思って日本大使館を調べると、なんと近所!時間まだ14:30くらい、間に合う!ということで急いでバイクタクシーで取りに行く。

ものの10分で大使館に到着、急いで手続きをする。

15分ほど待つ、呼ばれて取りに行くと「690B(2000円)です」

えーーーーっ たかっっ 高すぎる。ペラペラの紙一枚に2,000円。。。。

どうにもならないので支払って証明書を入手、急いでバイクタクシーに乗って銀行に戻る。15時頃到着、なんとか間に合う。マジで疲れた。。

その後はスタッフの感じも良く滞りなく進む。そしてついに口座が開設でき、キャッシュカードを入手。長い道のりだった。。。

使ってみた分かった、ここが便利!

支払い、入金が楽になる

私はフリーランスの収入がバーツで受け取れたので、もちろんこの作った口座への入金を依頼した。

そして携帯アプリのネットバンキングによって、家賃の振り込み、プリペイド携帯への入金等の支払いがすることができた。

それまでは都度バーツへ両替して、銀行に直接払いにいっていたので劇的な効率のアップだ。

タイで外こもり!バンコクに住んだら生活費はいくらかかる??

2017.08.29

ATMがいつでも使える

バンコク銀行のATMは駅、コンビニ、ショッピングモールといたるところにあるので見つからないことはない。

さらに24時間引き出しOK、手数料もかからないので気軽に使うことができる。なお、現金の引き出しをするのに手数料がかかるのは日本くらいらしい。

デビット機能で財布の管理

このキャッシュカードにはデビッド機能がついている。デビッド機能とはカードを使って支払いをすると、その場で口座から引き落としがされる機能である。

私はクレジットカードとの大して変わらないものと思っていたが、これが使ってみると意外に便利。

デビットでの支払いでもちろん現金が必要がないのだが、何よりもすぐに口座から引き落とされるのでネットで残高をすぐ把握することができる。

これがクレジットカードだと一ヵ月遅れで引き落とされるので残高の把握が難しい。デビットでの支払いでお金の管理がしやすいことは発見だった。

BTS(高架鉄道)もこれにチャージできる

BTS(高架鉄道)はチャージ式のSuicaのようなカードがあるのだが、それを持たなくてもこのキャッシュカードにはBTSのチャージ機能がついており、このカードに入金して使用することができる。

つまりキャッシュカードにSuicaが合体したようなものだ。カードの枚数を1枚減らすことができる。

まとめ

タイのキャッシュカードは日本よりも進化しており非常に使い勝手よい。

ネットバンキングも発達しており、日本のようにATMにずらっと並んでいるような光景も見たことがない。

このバンコク銀行シーロム本店は就労ビザがなくても唯一口座が開ける銀行なので、ぜひ外こもりするなら口座を作ることをお勧める。

(紹介)ゲストハウス・ホステル探しは「Booking.com」がお勧め!

Booking.com

ゲストハウス・ホステルを探すとき、10社以上の予約サイトが乱立している。

その中で私は、Booking.comをお勧めする。

私もいろいろなサイトを利用したがBooking.comの良いところは下記の通り。

  • 世界最大のオンライン宿泊施設予約サイト
  • セールにより費用が最安値クラス(直接申し込むより安い)
  • キャンセル要件が優しい
  • 地図検索がしやすい

そして重要なポイント、私はホステルで勤務しているが、トラブルや不具合の頻度が他社と比べて圧倒的に少ない。

楽しい旅行や大事な出張、間違いない宿泊先の確保に間違いなくお勧め。

Booking.com

紹介:Airbnbに泊まる前に割引クーポンをゲット!

Airbnb(エアビーアンドビー)は民泊仲介サイトの最大手で、信用性、情報量はナンバー1。

私はAirbnbを何度も利用しているし、ホスト側として客を受け入れたこともある。

一般のマンションや家に泊まることができるので、ホテルとはまた違った経験がすることができる!それに安い!

下記リンクで登録すると、初めてAirbnbで宿泊するときに4,000円の割引を受けることができる。

登録無料で、時間は2分とかからない。Airbnbに興味ある方はまずは登録!

Airbnb利用したい人の疑問や不安、メール・電話相談できます!

民泊Airbnbを検討している人!私にメールや電話でなんでも聞けます。

Airbnbゲスト・ホスト両方経験してる私が、利用するにあたり疑問・不安を経験に基づいて話します。

条件は、上記のAirbnbに無料登録するだけ!

スポンサーリンク