シェアハウス体験談⑧ 青春時代に戻れる超大型物件!「ソーシャルレジデンス蒲田」

スポンサーリンク

*2019/1/24 更新!

シェアハウスを知ってもらうために私が過去住んできた物件を紹介していきます。

30歳からシェア生活を続けて、大小の物件トータル9棟の物件に住みました。それぞれの違いがあるので自分の好きなタイプが見つかれば幸いです。

8棟目は、36歳の時に引っ越した蒲田にある超大型物件です。

車が乗れる物件を探す

2年間仕事だけの生活、同じ住まいということで環境を変えたくなった。

そこで車があればおのずと行動も変わるのではないかと考えた。そこで田町にある会社にも通えて車も置けるシェアハウスを探すようになった。

そこで見つけたのがオークハウスが運営する「ソーシャルレジデンス蒲田」だ!

概要はこちら

まず260室という部屋数の大きさ、調べた限り日本で一番大きいシェアハウスだ!もちろん駐車場あり。

そして京急線雑色駅から徒歩4分と抜群のロケーション、会社にも京急線で簡単に行くことができる。ここしかない!とすぐに決まる。

しかし最初に住んだ物件も100人を超える大型物件だったので、賑やかなイメージは想像できる。36歳の私が馴染むことができるのだろうか。

シェアハウスに住んでみた① 大型シェアハウスで人生が変わる!「ヒッポハウス」

2017.08.19

蒲田の超大型物件に入居

期待と不安でソーシャルレジデンス蒲田に引っ越し、260室という見たことのない規模に圧倒される。

建物の設備がすばらしい

オークハウスのソーシャルレジデンスシリーズでは一般的だが、大浴場、防音室、グレードの高いキッチン、広々としたラウンジ、シアタールーム、勉強・ミーティングルーム、トレーニングルームとあらゆる設備が整っている。

勉強するためにカフェに行く必要も、トレーニングするためにジムに行く必要も、楽器の練習をしにカラオケに行く必要もない、ここに住んでいればすべて建物内で完結する。

建物の動線がすばらしい

この物件は大きいだけではなく造りも非常にうまくできていて、ズドンと広い玄関と廊下の待合スペースからラウンジ、大浴場、エレベーターとすべて最短距離で行くことができる。

さらにラウンジを中心に、トレーニングルーム、ミーティングルーム、防音室、シアタールームもさっと行くことができ、無駄な移動が全く必要ない。

効率よく動くことができるということは人の動きが見えやすいということ。ラウンジにいればそれぞれの動きが良く見えるため、仲の良い人を容易に見つけることができる。

これってすごく重要なことで、逆にとても残念なのが現在住んでいる「ソーシャルレジデンス成田」だ。こちらも大規模かつ設備が充実しているが、それぞれの設備がバラバラのため、誰がどこにいるのか見えづらく、会いづらい。人が集まりにくい造りだ。

シェアハウスな日々!ソーシャルレジデンス成田に引っ越した!

2017.05.31

個室も十分な広さ、クオリティ

こらは私が2年間、超狭い物件に住んでいたこともあるが、1人で住むには十分な広さで6畳ほどある。またベッドのマットレスもちゃんとしているため、素晴らしい寝心地。感涙ものである。

シェアハウスの概念を覆した

建物も良いが、何よりも素晴らしかったのは住人との交流である。

圧倒的な出会いの数

シェアハウスでラウンジに来る住人は2割ほどという私が算出した数値があるが、それでも260人x20%=52人もの人と入れ替わり立ち替わりで交流することができる。

全員と仲良くなることは無理だけれど、交流していれば必ず気が合う人が見つかる。特にこの年になって同姓の友達はなかなかできにくいもの。36歳でも仲良い人が見つけることができる。

同じ趣味で集まれる

他のシェアハウスにないもので、これだけの大人数だからこそできることがサークル活動。同じ趣味を持った人や興味あることで色々くくることができる。これが面白い。

例えばラーメン好きの集まりとか、酒が好き、料理が好きとか色んなグループができていた。私もいくつか参加したが、一番ちゃんと活動したのが、「ランニングサークル」だった。

多くの住人と知り合えるきっかけとなったのがこのランニングだったし、これにより今まで経験の無かった、マラソン大会や駅伝大会にも出ることができた。

イベントを開催する企画者がたくさんいる

何よりも度肝を抜かれたのがイベントのレベルの高さだ。

もちろん送別会や誕生日会といった人が集まる食事会はあるのだが、数か月に一度行われる「蒲フェス」やハロウィンパーティーは、手の込み方が普通ではない。

バンドやダンス、出店などを住人自らが企画、参加して開催している。オープンして2年の間に住人によるイベントが確立しており、リーダー的な人が何人もいた。

私もダンスにバンドと色んな企画に参加させてもらった。

最高のシェア生活だった

36歳にもなってこんな大型シェアハウスなんて、、と心配していたことは全くの杞憂に終わり、ここでの生活を思いっきり楽しむことができた。

仕事が相変わらず忙しく精神的、肉体的に相当きつかったが毎晩家に帰ると仲の良い住人が必ずおり、そこで話す時間にどんなに心が救われたことか。

初めて入ったシェアハウスでもたくさん遊んだが、そのシェアハウス以上に住人とイベントしたり外に遊びに行ったり、泊まりで出かけたり本当にたくさんの思い出を作ることができた。

ソーシャルレジデンス蒲田を一言で言うと「青春時代にもどれる場所」。自分もこんなに大勢の人と盛り上がれるとは思わなかった。

私はこの物件に1年数か月住み、職場の退職をきっかけにバンコクに行くことにした。送別会は自分で開き涙涙で引っ越した。

私のことを取り上げてくれたブログ紹介します。ありがたや。

はるちゃんブログ:【さみしいけど、めでタイ?】さよならたかし

TAMROCKブログ:TAKASHI卒業パーティー大盛況でした!

リサブログ:たかし、プレ送別会!

ただ、これはあくまでラウンジに毎日来て、企画にも積極的に参加した住人が感じる感想であって、そうじゃない人は全く違う感想を持つと思う。7、8割の人はラウンジに来ないので。

こういった交流やイベントの参加が楽しそうだなって思う人はこの記事も読んで欲しい。

大型シェアハウスで馴染むために何を心がけたか??を挙げる!

2017.04.19

人に話しかけるのが苦手だったり、シェアハウスに慣れていない人はなかなか馴染むのが難しいと思うし、想像と全然違うかもしれない。

しかしラウンジにいる90%の住人はウェルカムな姿勢を持っているので最初だけ勇気を出せば、必ずエンジョイできると思う。わいわいしたい人は「ソーシャルレジデンス蒲田」本当にお勧めだ。

【その後出戻りした記事はこちら↓↓】

最大規模シェアハウス「ソーシャルレジデンス蒲田」住人として紹介!

2018.03.12

【5,000円割引!】シェアハウスならオークハウスがお勧め!

シェアハウスに興味がある方は、まずその運営会社の多さにびっくりするかもしれない。

そこで私がお勧めしたい運営会社はオークハウスだ!過去2物件、また現在もソーシャルレジデンス蒲田という蒲田の大規模物件でお世話になっている。

オークハウスのメリットは下記の通り。

  • 日本最大の物件数!
  • 各エリアに小規模から大規模まで様々な物件がある!
  • 割引制度、イベント企画、入居者ができる仕事など様々な制度、活動がある!
  • 横のつながりがあり物件間での交流がある!

大手運営会社として常に新たな試みを行っており、ただ住むだけではなく色んな経験を生み出すことをサポートしてくれる。

現在下記フォームから登録を行い、後にオークハウスに住む場合、入居時に5,000円の割引を受けることができるキャンペーンをしている!

もちろん登録無料で、時間は1分とかからない。

シェアハウスに興味ある方はまずは登録してみよう!

オークハウスの色んな割引制度はこちらの記事!

シェアハウス・オークハウスのユニークな割引制度をまとめて紹介!

2018.03.08

シェアハウスのノウハウ&実際の入居歴はこちら!

シェアハウスに住みたい人は必見!よく分かるノウハウ&物件体験一覧!

2019.01.04

スポンサーリンク