タイで外こもり!実際バンコクでタイ語は必要なのか?

スポンサーリンク

*2018/11/19 更新!

タイで外こもりをしたい人

今年2017年5月までタイのバンコクに9カ月滞在していた。

タイは年中暑く夏が好きな人にはうってつけ。物価も上がったといっても日本の半分以下なので日本にいるよりは安く滞在することができる。

また日本人も多く日本人向けの店も多くあるので、外こもり初級者がタイに行きたがるのはよくわかる。

それではタイに住むにあたり、タイ語は必要なのだろうか。実際住んだ感想を書く。

語学力

まず私の語学力について、前の会社で英語を使うこともあったので英語は簡単な言葉に置き換えて、言いたいことを伝えられる。相手の言っていることもよほど専門的なことでなければ理解できるというレベル。

しかしタイ語についてはタイに行くまで全く勉強せず、バンコクに住んで3,4か月目から半年ほど語学学校で勉強した。

日本に帰国する頃には、簡単な言葉や挨拶、金額のやり取り、タイ文字をなんとなく読む位にはなったが、日常会話のレベルには全然達することはできなかった。

正直タイ語ができなくても生きていける

結論としてはタイ語ができなくても生きていく分には問題なかった。日本系のレストランでは日本語をできる人も多く、日本人のスタッフもいる。

また大学へ通うような若者は英語をだいぶ勉強しているようで、道などを聞いても動じることなく答えてくれることがほとんどだった。

日本人は英語を分かっても恥ずかしくて話さない人も多いが、感覚的には日本人よりタイ人若者のほうが英語を話すことができる。

スーパーやコンビニにおいても少なくとも金額とか簡単な英語は通じるので、タイ語ができないために物を買うことができなかったということはない。

またタイ語学校では英語を使って説明されるので、いろんな国の学生と勉強することができる。

逆に英語ができないとコミュニケーションという点では日本人か日本語がわかるタイ人に限定されてしまうので多くの友達を作ることはなかなか難しい。

英語はタイじゃなくてもどの国でも役に立つので、日本にいる間にできる限り勉強しておくのが良いのは言うまでもない。

とはいえ、英語を勉強しなくても英語で挨拶や金額はほとんどの人が元々できると思うので、それプラス指で示したりして生活することはできる。

日本でも一言も話さずに物を買うことができるのと同じ。

あらゆる所で不便さ、ストレスを感じる

生活はすることはできるものの、タイ語が分からないために不便さやストレスを感じることは多くある。

まず街の看板や新聞、商品説明等あらゆる所でタイ語が登場するが、それらが全く分からない。

中国語なら漢字と似ていたり、スペイン語なら英語に似てたりと推測をすることもできるが、タイ語に関しては韓国語のように完全にオリジナルな文字なため勉強しない限り全く分かならない。

英語が併記されていることもあるが、タイ語しか書かれていない状況は意外に多くあり、なんとなくで対応していくしかない。

また知らない文字に囲まれるというのも想像以上に心的にストレスとなる。

また簡単な英語は大体通じると書いたが、少し込み入った話、例えば買った商品を家まで配送してほしいとか、英語が文章になった途端に理解できない人は多く、また理解しようと努力することなく諦める店員が続出する。

マッサージでも、他のの箇所は時間短くていいから腰を時間多めにしてくれとボディランゲージ付きで説明しても理解する人は5人に1人というところ。

タクシーにおいても中年の男が多いが、英語というだけで乗車拒否ということも何度か経験した。

またタイ人だけのグループだともちろんタイ語で話が進むので、その中には全く入ることはできない。個別に英語で話すことはできても、みんなで楽しくお喋りすることはできない。

踏み込んだタイの生活するなら必須

短期滞在ではなく中長期で暮らすなら踏み込んだ生活をしたいもの。そうであるなら、タイ語ができれば観光客とは別次元の経験ができることは間違いないと思う。

普段の生活が楽になるのはもちろん、そもそもタイ語ができる日本人が少ないため、タイ語ができるだけでタイ人に驚かれ、ぐっと距離が縮まる。

タイ人店員の特徴として客には不愛想に対応し、知っている人や店員には笑顔と露骨に態度が変わるので、タイ語が会話がすることができれば、二回目からはニッコニコで対応すること間違いなし。

バンコクにおいても観光客が行かないローカルな場所も多くあるので、そういった所を開拓できまる。タイの地方旅行もできる。

もう一度言うが、タイ語をできる日本人、外国人は圧倒的に少ないので、それだけで相当な価値を持つ。

仕事の求人を見ていても、タイ語が求められていることが多く、逆に言うとタイ語ができれば他は不問といった求人も見られる。

日本の日本語と同じでタイでタイ語を使うのは普通なので、タイでビジネスを考えているならタイ語は必須だなと思う。

まとめ:長くいるならタイ語勉強しよう!

旅行でタイに数日ということであればタイ語は必要ないが、中長期で住むならタイ語は中級レベルまで覚えておきたいところ。

流暢じゃなくても簡単な会話ができるだけ、読めるだけでガラッと生活が変わること間違いなし。

紹介:【エポスカード】は無料で海外旅行傷害保険がついている!

海外に滞在する際、海外旅行傷害保険(以下、海外保険)についておざなりになっている人は多くいると思う。

クレジットカードによっては海外保険が付いているのはご存知だろうか?ケガや病気、携行品の損害をカバーしてくれる便利な機能だ。

海外保険が付いているクレジットカードで、私は【エポスカード】をお勧めする!

エポスカードは無料で作成できるクレジットカードで一番好待遇の海外保険となっている。しかも持っているだけで自動加入、何もしなくてよい。

もちろんクレジットカードとして、海外でのカード払いや海外通貨でのキャッシングも可能だ。海外に行くなら便利なこと間違いなし!

  • 入会費年会費無料!
  • 最短でカードの即日発効が可能!
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯!(90日間)
  • 他のクレジットカードの保険と合算可能!(傷害死亡・後遺障害保険金以外)


スポンサーリンク