アラフォーの転職活動 自分の市場価値のなさにびびる

スポンサーリンク

中村です!アラフォーにて転職活動を始めたので、その状況を報告する。

転職活動のきっかけ

2016年7月、元々はフリーランスで個人で働きたいと思い、5年間務めた物流会社を退職した。

その後約1年弱、何か日本とアジアを結ぶようなことがしたいと思いフリーランスの道を模索してきたが、お金を生むようなビジネスの仕組みを作るまでに至らなかった。

その後モチベーションの低下もあり、いたずらに時を過ごす日々が続いていた。。。

これじゃいけないと思い、今後どうするかを改めて考えた。その中で、もし自分がフリーランスでやりたいビジネスをやっている企業があれば、そこで働くことはきっと面白いのではないかと。

ということで、一旦はフリーランスになるべく辞めた前職だったが、またサラリーマンに戻ることを決意したのであった。

簡単な自己紹介

ここで簡単に私の紹介をしよう!

38歳

青山学院大学卒

経験社数3社(不動産2社、物流1社)

勤続年数12年(不動産7年、物流5年)

語学:英語ビジネスレベル、中国語会話レベル、31歳の時にアメリカ留学経験あり

資格:宅建、管理業務主任者、日本語教師など

大学卒業後は正社員としてまじめに働いてきたほうだ。

希望する業界

私の社歴としては普通は不動産、物流方面に行くのが普通だが、自分が掲げている「日本とアジアを結びたい」という基本的な部分ではなかなかピタッとくる会社はなかった。だから前職を辞めたというのもあるのだが。

そこで今回の転職活動では「人材紹介業」それも「アジアに展開したり、アジア人材を扱う会社」に絞ることにした。

アジアに関わる人材紹介業を希望した理由は、自分の基本となる日本とアジアを結ぶという点で、アジア人が日本で働くこと、日本会社がアジアに進出することは、分かりやすく両社を結んでいると言えるから。

また働くということは人の一生に大きく左右する重要な要素であること、企業側にとっても根幹をなすところであり、社会意義がとても高く、やりがいがある。

さらに異業種であるものの、私が経験した不動産や物流での経験が、実際人に仕事を紹介するときに、その業界については実体験として話すことができるので、経験も活きると考えたから。

例えばアジアの国の人が、日本で働き、そこで得た能力をいつか自分の国に帰り活かすことができれば。また日本の会社はアジアの人を採用することにより新たな業務の幅が出れば、両者にとってハッピーであり、さらには両国にとってもハッピーに違いない。

いざ活動開始!

そんなこんなで6月から転職活動を開始した。方法としては「人材」「アジア」などの検索ワードで上がる会社への採用ページを通した直接応募すること。また、人材紹介会社に登録しエージェントを通して応募する2本立てだ。

人材紹介会社はパーソナルキャリア(インテリジェンス)のみに登録をした。これは偶然だがパーソナルキャリアに直接応募をしたところ、エージェント登録をする仕組みになっており、否が応でも登録しなければいけなかったからだ。

偶然ではあったが、パーソナルキャリアはもちろん最大手の一つの人材紹介会社であるので、仕事紹介を受けることにした。情報が多すぎても混乱してしまうので、人材紹介会社への登録はこの1社のみにした。

また人材紹介会社はほとんどが自分の採用ページを持っているので、直接応募ができることが多かった。

残酷な現実。。。

6月から初めて一ヵ月半、、、そこで待ち受けていた結果は残酷なものであった。。。。

そもそも私の基本となる「アジアと日本を結ぶ」「人材紹介会社」という点で応募したいと思える会社は多くはなかった。

アジアも展開している大手10社、アジアや外国に特化している中小10社、計20社といったところだ。応募方法の内訳は、直接応募が10数社、人材紹介会社のエージェントを通した応募したところが10社弱だ。

 

そして20社弱、応募した結果、、、、、、、、

 

なんと全滅!!!

もっというと、ほぼ全部が書類落ち!!!

 

もちろん38歳という年齢、異業種への挑戦ということで厳しいことは分かっていた、分かっていたが、ここまで散々な結果になるとは思わなかった。

これが自己評価と世間との評価の差なのかなと厳しさを痛感したのであった。今後どうする!!??

参考として私が実際に応募した会社名を列挙する。面接までいった会社は面接内容を書こうと思うので社名を伏せさせていただく。

書類で落選した会社

1リクルートキャリア

2パソナ

3パーソナルキャリア(インテリジェンス)

4あじあウェブ

5キャリアデザインセンター

6アデコ

7マイケルペイジ

8アイデム

9ダイジョブ・グローバルリクルーティング

10フィデス

11アンビション

12エムアールアイジャパン

13エンワールド・ジャパン

14インターナショナルリクルーティング

15ジーエーコンサルタンツ

面接で落選した会社

16某大手人材会社1

17某中小人材会社1

面接を辞退した会社

18某中小人材会社2

【紹介】副業・バイト・正社員 それぞれのお勧めアプリ!

本業やりながら副業、休職中のバイト、または転職活動と色んな働き方をしたいときに、役に立つお勧めアプリを紹介!

副業なら「クラウドワークス/Crowd Works」

クラウドワークスはシステム開発から事務作業まで、案件単位の仕事をマッチングするアプリ。

例えばイラストが得意な人が登録して仕事を待つのもOKだし、イラスト募集があったときに応募するのもOK。

記事800字書いて何百円といった気軽な仕事から、アプリ製作で〇十万円といった本格的な仕事まで様々。

自分の空いている時間に合わせて、どこでも仕事ができるのが魅力的。

クラウドワークスのダウンロードはこちら

バイトをするなら「バイトル」

バイトルはディップ㈱が運営する日本最大級のアルバイト・バイト情報検索アプリ。

移動中や暇な時間にサクッとバイト探しが可能。現在地から周辺バイトを探す機能もありと充実。

短期・日払いや、家庭教師・塾講師、カフェなど人気バイト・パート情報が1時間ごとに更新されている。

バイトルのダウンロードはこちら

正社員の仕事探しなら「ジョブクル

ジョブクルはアプリを通してチャットで転職相談、紹介をしてくれる転職アプリだ。

日本最大のDODAと提携しており、10万件のデータから適した会社を提案してくれるので、自分で必死にリサーチしなくてよい。

紹介会社に電話や面談して探すのはちょっと重い。。。。という方もチャットなら敷居が低くて取り組みやすい。

転職を考えている人は取り急ぎチャットで相談してみよう。

ジョブクルのダウンロードはこちら

スポンサーリンク